入院日誌

病院の天使

入院日誌もこれで最後にします。

病院には本当に天使がいます。体が弱っているので、優しくしてもらい惚れっぽくなっているのは否めませんが、本当ですよ。

リハビリのトレーナーPTのTKさん、KSさん、STのKMさん、HMさん等もとても素敵だったのですが、普段の身の周りの世話をしてくれる介護士さんも素敵な子ぞろいでした。

P1050747

退院当日のESちゃんです。この写真ではちょっとわかりにくいと思われますが、モデル、歌手で女優の「西内まりあ」さんによく似ているのです。

ちょうど入院中、西内さん主演のドラマをやっていたのですが、ドラマを観ながら、心の中で、毎回「Eちゃ~ん」とさけんでいました。

きれいなだけでなく、お仕事も一生懸命で、やさしく本当に素敵です。

小生は左手が特に動きませんので、右指の爪を切ることが出来ません。

最初は、頼んでも快く受けてくれる看護士さんにお願いしていたのですが、入院後半はこのEちゃん一本でした。

入院中唯一の楽しいひと時でした。

Photo
ネットで見つけた「西内まりあ」さんの画像です。

これで入院日誌は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主トレ③

P1050675 

前にも記述しましたが、病棟の廊下の南東の端の患者さん等の共用のテーブルです。

毎日、朝食後30分以上ここで前回の手の自主トレを行っていました。

P1050676
小生が入院していたF4病棟(F棟の4階です)の廊下です。端から端まで、約55mあるそうです。

歩行の練習として、多い時には、一日で30往復以上歩きました。

退院した今は普通の道路や歩道を歩いていますが、病院の廊下の何と歩きやすかったことか(手すりもありますし)と、痛感しています。

それでも、病院スタッフさんからは、いつも歩いているのが当たり前と思われていたようです。                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主トレ②

これが、毎日、朝夕の自主トレセットです。

「握る」トレーニングのボール、風船、

「つまむ」トレーニングのゴルフボール

動きが悪いため血行が悪くなり、むくみ勝ちになる手のマッサージ用のバイブレーターなどです。

P1050685


P1050686

ソフトボール用としては、少し柔らかいボールです。、右手では簡単に握りつぶせるにですが、左手では、このくらいが精一杯でした。

「握る」。「つまむ」練習ばかりしていると、指を伸ばすことが出来なくなってしまうので、握る5倍くらいの「伸ばす」訓練を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主トレ➀

長兄は、本当に小生のよく面倒をみてくれました。

100均ショップに行っては、リハビリの役にたちそうだ、というものを購入し、差し入れてくれます。

P1050445


P1050446

今回は、レゴではありませんが、そのミニミニ版です。

3枚目の写真をご覧いただくとその細かさがわかると思います。

右手を主に左手を添えながらなんとか組み建てるのは、大変だったのですが、本当に大変だったのは、これを分解することでした。

小生の組み立て作業中を注意深く見守ってくれた病院スタッフさんに成果を見せて、証拠の写真を撮った後、パーツを一つもなくさないように分解するのは、本当に苦労しました。

爪を上手に使うのがコツです。

これも2度と組み立てる気はありませんでしたので、病院に寄贈と考えたのですが、細かすぎること、パーツを誤飲する恐れがあること等から、自宅に持ち帰ることとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳のリハビリ⑥

脳トレは、まだまだ続きます。

集中力を養うのに、ジグソーパズルが良いというので、これも100均ショップで長兄に買ってきてもらいました。

P1050430

猫108ピースです。

P1050709

サグラダファミリア108ピースです。

台紙は付属していませんので完成した証に写真だけ取って、すぐにばらばらにしました。

初めてのジグソーパズルは苦しくもあり、楽しくもあり、充実した時間をすごせました。

二度と組みあげる気はありませんので、退院時に病院に寄贈させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内緒のデザート④

最後は小生を最も喜ばせてくれたパンの紹介です。

小生の入院していた病院のすぐ隣にピアゴ大覚寺店があるのですが、そこに「エピシェール」というパン屋さんが入っているのですが、ここのパンが本当に美味しいのです。

P1050433


P1050432
特にお気に入りで毎回お袋にねだって購入してもらっていたこのパンです。(名前失念、練乳のなんとかだったと思います。)

本当に虜になってしまいました。

近々チャンスがあれば、病院スタッフの皆さんに挨拶がてら、購入しに行きたいと考えております。

→追記「北海道練乳パン」みたいな名前のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内緒のデザート③

キャラメルや飴の類も、口の寂しさを救ってくれました。

P1050344

左は王道のキャラメル、右は黒蜜+きな粉の飴でこれがヒットでした。

心臓のためにも、脚のリハビリのためにも、太ることは厳禁なのですが、もう自暴自棄になっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内緒のデザート②

よくさしいれてもらったロッテの「ガーナ・チョコレート」です。小分けになっているので、食後に2個と決めて、いただいておりました。

P1050346

P1050347

P1050427


同じような個別包装チョコに、明治のミルクチョコレートもあったのですが、そちらも、本当に美味しかったです。

どれだけ救われたことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内緒のデザート①

減塩の3食に加え、量もお腹一杯にならないストレスを救ってくれたのは、極秘のルートで入手した(何のことはない、家族や友人・知人が持ってきてくれるだけですが)デザートです。

P1050335

P1050615


P1050341


P1050608
「アンパンマンビスケット」です。お袋がたまたま買ってきてくれたのですが、これが素朴ですが、噛みしめるほどに美味しいんです。虜になってしまいました。これも、食後に2枚、3枚と量の調整がきくので、助かりました。

P1050359
小生の中では「当たり」だった『ドキンちゃん』です。

かわいい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院の生活② 自分のベット

病院では、病状に応じて、病室が変わります。病院スタッフさんによる介助の必要性が高い患者さんは、ナースステーションに近い部屋になります。

重い患者さんが入ってくると、状態の向上がみられた患者は、ナースステーションから遠い部屋に移動になります。

小生は、2回の移動、3つの部屋を渡り歩きました。

一つの部屋に2、3カ月いたのですが、もう住んでいるのとかわりありませんので、荷物も多くなり、片付けが苦手な小生のベッドは、こんなかんじなのでした。

P1050397

P1050398

毎週水曜日にシーツ交換をしていただけるのですが、ベッドの枕元にも荷物を一杯おいていた小生は、いつも介護士さんをこまらせていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)