« うたたねひろゆき:リト『セラフィック・フェザー マザクさん』 | トップページ | 博物画(その2) »

博物画

今回も版画です、たぶん100年以上前の

博物画です。

深海魚であることは間違いありません。

たぶん、ドライポイントによるエッチィングだと思います。

社会全体に余裕が出てきて、周りに目をむけることが出来るようになった時代なのだと思います。

その好奇心は、海に向けられ、取れた魚を後世に残そうと版画にされたのでないかと思います。

おさかな大好きな小生はとてもうれしいのであります。

 

1899

1899_1

1899_2

|

« うたたねひろゆき:リト『セラフィック・フェザー マザクさん』 | トップページ | 博物画(その2) »

アート・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うたたねひろゆき:リト『セラフィック・フェザー マザクさん』 | トップページ | 博物画(その2) »