« 「生頼範義」展(平成30年1月6日) | トップページ | 『鉄板ビストロJeuJeu神田 »

『中原亜梨沙』氏:ジクレー

「生頼範義」展をあとにして、東京旅行の真の目的である新宿伊勢丹で開催されていた「華やぎの日本画展」に向かいました。

4名の作家さんの中に、お気に入りの「中原亜梨沙」さんが含まれておりましたので、運が良けれ中原さんに直接お会いして、お話できるかもしれないと思ったからです。

中原さんは、たびたびこのブログに登場する書籍「美人画づくし」でも紹介されていたのですが、同時期に画集が販売され、入院中、外出許可をいただいて、本屋さんで両方を拝見し、いっぺんに好きになってしまいました。

小生は中原さんの画を、書籍のみでしか観たことがなかったものですから、直筆画をこの目で見たい、というのも大きな目的です。

中原さんは運よく在廊しており、いっぱいお話しさせていただきました。

新作数点もあったのですが、既に売約済み。

「ジクレー」は4種を販売しておりましたが、ジクレーに対する先入観もあり、購入の予定はありませんでした。

小生はジークレーをただのインクジェットプリンターよる印刷物と軽く見ていたのですが、かなり再現性が高く、お値段もリトグラフやシルクスクリーンに比して控えめなのも良いところです。これからの版画の主流になるかもしれません。

「おもかげ」…画集の表紙画です。

Photo

「ひらいて、むすんで」…中原さんの画の中では、珍しい顔の角度です。
Photo_2

「虹色のぬくもり」…一番やさしい表情をしていました。

Photo_3

ジクレーを観ているうちにだんだんとムズムズしてきました。中原さんご本人にお会いして、ジクレー制作のご苦労話をお聞かせいただいたりして、物欲が騒いでしまいました。

4点のうち、この3点に絞ったのですが、予算は1点分しかありません。

さあ、作品の前で腕を組んでうなり始めましたが、結論は早かったです。

いつものとおり、迷ったら、全部買うということで、話を進めてしまいました。資金は帰ってて何とかして、伊勢丹口座に振り込むことにしました。

無理に選んでも、「あの時、何であれを買わなかったのだろう」何十年も悔やむタイプなので、基本悩んだら全部というのが小生のスタイルです。

これが、中原さんの画集です。

Photo_4

中原さんがサインをしてくださいました。

これからも中原さんを追っかけていきます。

|

« 「生頼範義」展(平成30年1月6日) | トップページ | 『鉄板ビストロJeuJeu神田 »

アート・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/66282308

この記事へのトラックバック一覧です: 『中原亜梨沙』氏:ジクレー:

« 「生頼範義」展(平成30年1月6日) | トップページ | 『鉄板ビストロJeuJeu神田 »