« うさぎさん | トップページ | サンルイ »

ヨハニスベルガ―1976 S

今回は、退院後初めて購入したドイツワインですが、

ちょっと気になる1本です。

「シュロス・ヨハニスベルガ― 1976 スペートレーゼ」です。

何が木になって購入したかというと、

1970年代のヨハニスベルガ―には、①今回のような「ヨハニスベルク城景」エチケット(これはゼーンライン社を通じて販売されたモノとか)、②このエチケットにもありますメッテルニヒ家の紋章を大きく描いたもの、③侯爵の肖像を描いたもの(ゼクト専用?)と複数あるのですが、1976のスペートレーゼで、城景エチケットは初めて見ました。

もうひとつはカプセルです。ヨハニスは等級によってカプセルの色(近年はラインの色)を分けており、当時のスペートレーゼは、グリーンラックで、緑のカプセルのみとおもっていました。

それが白いカプセル、おまけにゴールドライン入りで、シュロス・フォルラーツのようです。フォルラーツは、過去にアウスレーゼに白いカプセル、うち特別出来の良いものにゴールドラインを入れていたことを確認しています。

どういう経緯や理由があって、このカプセルになったのかわかりませんが、何か特別なワインの匂がぷんぷんです。

1976


1976_2


1976_3

輸入は、当時最高のドイツワインを多数日本に紹介していた、今は亡き「シュミット」です。

我が家まで、旅をしてきたばかりなので、じっくり休ませて、抜栓してみようと思います。

その時は改めて、紹介させていただきます。

|

« うさぎさん | トップページ | サンルイ »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/65848857

この記事へのトラックバック一覧です: ヨハニスベルガ―1976 S:

« うさぎさん | トップページ | サンルイ »