« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

ヤモリ

退院後、自宅から毎日、仕事に通っているのですが、諸般の事情があって毎週、週末は実家で過ごしています。

小生が昔使っていた洋間でワインをこっそり飲んだり、寝ているのですが、7月位からでしょうか、毎週土曜日にあるお客さんが訪れてくることに、きづきました。

それは「ヤモリ」です。

夜行性ですので、夜の部屋の照明につられて集まってくる、虫を捕食するためだと思います。

P1050784

これが、なかなかかわいいのです。一時期には、体のおおきな個体と、一回り小さな個体の2匹がきておりました。

夏が繁殖期ということですので、たぶん雄、雌のカップルだったのではと思っています。

「ヤモリ」は漢字では、「守宮」「家守」「屋守」などと書くようで、むかしから益獣と考えられていたようです。

ある記事(一説)によると、その昔、家の照明は、油を燃やしていたのですが、この油が高価だったので、我が実家のように、集まってくる虫を捕食するためにヤモリが住み着くのは、裕福なあかしだったから、「繁栄」を意味するのだとか。

先週末には姿を現さず、ずいぶん心配しました。

我が実家は田舎なので、蛇もおりますし、カラスもいたずらをしにやってきます。

小生はというと、卵を産んで、一仕事を終えたので、姿をみせなくなったのかなって、能天気であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松原健治氏(その2):イラスト「smile③瞳のおく」

前回の「ウエディング・リリー」がとても気に入ったので、新しい1枚を入手しました。

Smaile03


Smaile03_2
今回はかわいらしい少女(幼女)です。

マット寸24.2×30.3cm(四つ切)

2006年の制作とのこと。

Smaile03_3

この作品は、松原氏のカレンダー用に制作されたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「久下じゅんこ」氏:アクリル画『夢先案内人』

またまた名前も知らない作家さんの作品をGETしてしまいました。

少女を描いて大変人気があるそうです。久下じゅんこ氏の作品です。

Photo


タイトル 夢先案内人

サイズ  S4号

技法  アクリルガッシュ

2016年6月制作

隅々まで描きこまれた明るく愛らしい作品です。

Jpg


Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ