« 「旬彩処 いなば」(日本料理):静岡市鷹匠 | トップページ | モーゼル:パープルデキャンタ »

ますむらひろし(漫画家)

訳あって私用で定期的に県東部に出かけるのですが、今日はその用事が早く終わったので、三島市にある「大岡信ことば館」で開催されている「ますむらひろしが描く宮沢賢治の世界」展に出かけてみました。

Photo

宮沢賢治については説明の必要もありませんが、小生は漫画家である「ますむらひろし」氏の大ファンなのです。

小生が高校生のころでしょうか、「マンガ少年」とい月刊誌に、「アタゴオル物語」という作品を描いておりました。

2足歩行の喋る猫である「ヒデヨシ」を主人公にした、独特のファンタジーな世界がたまらなく好きでした。

この作品の舞台が、賢治の理想郷である「イーハトーブ」を倣った世界であること知ったのは、ずっと後のことでした。

部屋のどこかに、漫画が眠っているはずです。久しぶりに読み返してみようと思いました。

アタゴオルシリーズはオススメです!

※ おまけ

そういえば、氏のサイン入りリトグラフがあったはずと、データファイルを探していたら、2枚もありましたよ。

額装してあげないと可愛そうだな。でもまた部屋が狭くなるな。ぶつぶつ。。。

01

02

03

|

« 「旬彩処 いなば」(日本料理):静岡市鷹匠 | トップページ | モーゼル:パープルデキャンタ »

漫画 アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/62437590

この記事へのトラックバック一覧です: ますむらひろし(漫画家):

« 「旬彩処 いなば」(日本料理):静岡市鷹匠 | トップページ | モーゼル:パープルデキャンタ »