« 巨星墜つ:生頼範義 | トップページ | 「おおた慶文」氏:水彩(その6) »

旧ワイン法のトロッケンベーレンアウスレーゼ

今回はトロッケンベーレンアウスレーゼ(TBA)です。

ドイツワイン最上の称号なので、さすがにアウスレーゼやベーレンアウスレーゼのような修飾語はないだろう、と高をくくっておりましたが、あったんですね、これが!

TBA

Edelste TBA (edelの最上級形)

残念ながら小生宅にはありませんので、今回は画像なしです。

見つけたのは、ドイツのネットショップでしたが、さすがに入手することはできませんでした。

モーゼル、シューベルト家の1921、1959年という超優良最高のヴィンテージです。(ちなみに価格は「お尋ねください」とありましたが、こわくて聞けるか!)

現行法のモーゼル・リースリングの最低糖度は150エクスレ度なのですが、よく考えてみればその上は天井知らず、150エクスレも、200エクスレも同じTBAなのですから、”特別な”TBAがあっても当然といえば当然ですね。

エーデルステ以外にも見かけた気がしますが、思い出せませんでした。

あ~、飲んでみたい。。。

ちなみに現代では、ラインガウのロバート・ヴァイルが、通常の水色キャップとゴールドキャプセルを別けていますが、希少性もあってか、その価格差は数倍となります。

以上、称号について3回書いてきましたが、旧ワイン法のワインについては、まだ2、3ネタは書けそうです。

一旦、休憩させてください。

期待しないでお待ちくださいませ。

|

« 巨星墜つ:生頼範義 | トップページ | 「おおた慶文」氏:水彩(その6) »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/62537972

この記事へのトラックバック一覧です: 旧ワイン法のトロッケンベーレンアウスレーゼ:

« 巨星墜つ:生頼範義 | トップページ | 「おおた慶文」氏:水彩(その6) »