« 「永島信也」氏:現代根付 | トップページ | 姫様&お正月 »

R.ハールト家1971年TBA

皆様、あけましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、元旦には何かおめでたい記事を載せようということで、昨年から、拙宅のドイツワインの中からエーデルズース(「edelsüß」=高貴なる甘口)を紹介させていただいています。

現代においては、知見の集積、醸造技術の進歩、気候変動などにより、毎年のように、アイスヴァイン、ベーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼが生産されている蔵もあるようですが、これが1970年代以前となると、アウスレーゼさえも生産できない蔵や年が当たり前のようにあったので、古酒のエーデルズースの意味合いは一層気高いものであり、めでたいことであったと考えています。

ということで、当面、この路線で行きますか。

今回は、ラインホールト.ハールト家の「ピースポーター・ゴールドトレプヒェン(黄金の雫?)1971年トロッケンベーレンアウスレーゼ」(ハーフボトル)です。

P1010663_6

P1010705_2

P1010706_4

P1010707

P1010709_2

P1010710

P1010719

P1010713

色調はかなり濃いです。1971年はアウスレーゼクラスでも濃い目に色づくワインも多いので、多分大丈夫でしょう。

ラベルのデザイン自体が、今のすっきりしたデザインと異なり、時代を感じさせてくれて泣けてきます。

早く開けたいような、開けたくないような。。。

今年は良いことが一杯ありますように♪

|

« 「永島信也」氏:現代根付 | トップページ | 姫様&お正月 »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/60896828

この記事へのトラックバック一覧です: R.ハールト家1971年TBA:

« 「永島信也」氏:現代根付 | トップページ | 姫様&お正月 »