« お家でワイン! 平成26年12月20 日(土) | トップページ | R.ハールト家1971年TBA »

「永島信也」氏:現代根付

本ブログで、12月12日(金)に上京した際に、根津の「Gallary花影抄(根津の根付屋)」にお邪魔し、偶然にも「永島信也」氏(現代根付作家)にお会いし、作品購入を決めたことを書きました。

後日、その作品が届きましたので、紹介させてください。

P1030122_7
右が「CUBE-イグアナ」、左は箱書きがあったのですが、記録漏れです。申し訳ありません。

P1030138_5
P1030141_2
P1030134
P1030135
この作品は、2009年、永島氏がまだ学生だったころ制作されたもので、キューブの大きさが2.8cmほどです。

素材は、キューブが「黒柿」、イグアナが「ブライヤー(パイプの素材によくつかわれるそうです)」、目が「赤メノウ」だそうです。

非常に細かい皮膚の表面まで彫り込まれており、リアルです!

P1030124
P1030126
P1030127
この作品は、今年2014年の作品で、大きさは「CUBE-イグアナ」よりもひとまわり小さいです。

素材は、キューブが「黒檀」、生物が「鹿角(かづの)」、目は、「琥珀」とお聞きしました。

お話を伺って面白かったのは、「鹿角」にも品質にかなりの差があり(個体差はもちろんですが)、中でも「奈良の鹿」が特別に品質が素晴らしく、他に比して高額で取引されている、ということです。何故かよくわかりませんが、栄養や角を切る時期に影響しているそうです。

静岡県立美術館で巡り会えた少女の木彫作品をきっかけに永島信也氏を知り、同様の作品を求めて根津まできたのですが、たくさんの作品を手に取らせていただき、結局、一番素晴らしいと感じた上記2点を選びましたが、共に「爬虫類」でした。

永島氏本人にお聞きしたところ、昔から爬虫類が大好きで、よくモチーフに取り上げるのだそうです。やっぱり好きなものを作品に仕上げるのと、出来がよいのだと勝手に思い、一人ほくそ笑んでおります。

心不全を煩い、あっちの世界のすぐ近くまでいってしまったのが、何とか戻ってこれたので、その記念に何か素敵なものが欲しいと強く願っていましたが、本当に「良い出会い」がありました。

根付(※1)、緒締め(※2)にも、まだまだ素晴らしい作品がありますので、体調に配慮しつつ、一生懸命働き、せっせと収集に励むつもりです。

本年も、残り2日半ほどですが、今年は良いことも悪いこともありましたが、来年は、良いことがよりたくさんあるように頑張ります!

一年間お世話になりました。ありがとうございました。(ぺこり)

※1 「根付」が今ひとつわからないという方はこちらを御覧ください。↓

http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=81459291&blog_id=665511

※2 「緒締め」は、印籠、巾着等の提げ物もの緒(紐)を束ねて締めるための穴のあいた玉状のもので、提げ物と根付の間に位置します。

|

« お家でワイン! 平成26年12月20 日(土) | トップページ | R.ハールト家1971年TBA »

アート・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/60885159

この記事へのトラックバック一覧です: 「永島信也」氏:現代根付:

« お家でワイン! 平成26年12月20 日(土) | トップページ | R.ハールト家1971年TBA »