« 「Bow。」:印刷物 | トップページ | 姫様&お見舞い »

心不全

ここ最近、ブログの更新を怠っておりましたが、実は10月24日(金)から11月6日(木)まで、まるまる2週間、入院していました。

病名は「うっ血性心不全」です。

高血圧、高尿酸値、ストレス、過労等、様々な要因が考えられるようですが、血中の水分が増加し、多量になった血液を必死に送ろうと心臓が働き過ぎで(脈拍170弱)肥大し、疲れきってしまったようです。

加えて、体内の水分が抜けきれず、レントゲン写真を見る限りでは、肺の下半分以上が溜まった水分により、輪郭が確認できませんでした。

春頃、一度、心臓をぎゅっと掴まれるような苦しみがあり、救急車を呼ぼうかと思ったほどですが、20分程でおさまったので、よしとしてしまったんですね。夏の人間ドックでも特に異常はありませんでしたので、油断をしていました。

9月末頃から時々、胸の圧迫感を感じるようになってきていましたし、10月に入ってからは、息苦しさを感じるようになっていました。

もともと(遺伝的に)喘息をもっていましたし、仕事の忙しさもピークに達していましたので、喘息の発作だとばかり思っていました。

親しくさせていただいている医者のFさんから、強く循環器の受診を勧められていたのですが、大きな仕事が台風19号でずれ込んだりと、結局、Fさんに紹介していただいた焼津の個人医院で受診したのが、24日(金)の午後。

先生からは、「即入院。今、総合病院の紹介状を書くから。それに、救急車を呼ぶから待ってて。」とのお言葉。ショックです!

午前中まで仕事をして、車できたことを伝えると、「何と、まあ…。よく倒れなかったなあ。」との返答がありました。もちろん、「死ぬつもり?お前は馬鹿か?」という皮肉を込めた言葉です。

救急車はさすがに丁重にお断りし、車で急いで総合病院に向かったところ、事前に連絡を受けていた救急医療班に急いで処置をしていただき、入院・絶対安静となりました。

翌月曜日までは、両腕点滴でベッドに張り付けの刑でした。

利尿剤、脈を抑える薬等の投薬療法となりましたが、なかなか肺の水が抜けきれず、検査漬けの毎日で、結局、2週間も入院することとなりました。

P1020996

P1020997

P1020998
3日くらい経って、少し余裕が出始めた頃、バックにデジカメが入っているのを思い出し、こっそり写真を撮ってみました。

P1030001_2
胸の3箇所に電極が付けられています。この機械が、ナースステーションにデータを送っています。24時間監視ですね。

最初の約10日で10kgほど体重が減りました。担当の先生によれば、約8割以上は、肺等の体に溜まっていた水分だっただろうとのことでした。自分では全く気づきませんでしたが、入院時、足が水分で相当むくんでいたそうです。

11月5日(水)の最終的な検査結果がまずまずでしたので、翌日に退院させていただきました。

これでひとまず安心と言いたいところですが、これからが本当の戦いです。

多量の服薬や定期的な検診は当然ですが、問題は①減塩食を続けること、②水分摂取量1000ml/日、の2点です。

①について、病院食では、管理栄養士さんの配慮により6g/日でも、物足りないと感じつつも美味しく食事をいただくことが出来ましたが、自宅でこれだけの塩分では厳しい!普通に美味しい料理を作るよりも、何とか我慢できる減塩食を毎日作る方が、桁違いに難しい!

②については、毎食のお茶が180mlとすれば、3度の食事に汁物が同量ついたとすると、それだけで1000mlを超えてしまいます。アルコールは、過度(ここは。。。)の飲料さえしなければ大丈夫とのことですが、「水分量には含めるように」とのこと。缶ビール一缶も呑めないじゃん!!!

まあ、かなりの重症だったことを考えれば、生きているだけでめっけものです。

今回の病気は、完全に「生活習慣病」ですので、これは「今後の生活を改めろ!」という神様の啓示だったのでしょう。

何とか日々の摂生を務め上げ、現状維持、いや、少しずつでも改善を図り、残りの人生を楽しく生きたいと、前向きに考えています。

人生設計の見直しが必要になってきますが、頑張って生きていく所存ですので、今後とも、よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、Fさん、担当の先生、献身的に面倒をみてくださった看護師・看護助手の天使の皆様、職場の同僚、そして家族に深く感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

※ おまけ

   職場の女性陣がお見舞いにきてくれました!やっぱり女性は気がきいてますね。うれしかったです。

P1030007
綺麗なお花

P1030008
かわいいタオル。入院中、体を拭いたりと、大活躍でした。

|

« 「Bow。」:印刷物 | トップページ | 姫様&お見舞い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/60618408

この記事へのトラックバック一覧です: 心不全:

« 「Bow。」:印刷物 | トップページ | 姫様&お見舞い »