« 「藤井 勉」氏:『剣』(油彩) | トップページ | 「おおた慶文」氏:水彩(その2) »

「岩田専太郎」:木版画

少女の油彩画が続きましたので、今回は、「艶っぽい女性」の木版画を紹介します。

絵を描いたのは、「岩田専太郎(いわた せんたろう)」氏です。

氏は(1901-1974)、一般的な画家というよりは、小説の挿絵や書籍・雑誌の表紙で有名であります。

Photo_2


Photo_3

Photo_4

Photo_6

額の裏面に張られている紙です。「三撰」とありますので、3枚セットだったのではないかと思われます。

お譲りいただいた方によれば、『女ごころ』「はじらい」というのが、この作品の名前のようです。

美しい女性ですね。一目で「岩田専太郎」氏の絵であることがわかります。

裏面から見ても、「木版画」であることは間違いないようですが、お化粧のグラデーションも見事に再現されています。

日本の木版画の技術は素晴らしい!

いや、「素晴らしかった」といわれないように、皆がきちんと、彫り氏さんや摺り氏さんまで、評価するようにしたいですね。

|

« 「藤井 勉」氏:『剣』(油彩) | トップページ | 「おおた慶文」氏:水彩(その2) »

アート・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/60376074

この記事へのトラックバック一覧です: 「岩田専太郎」:木版画:

« 「藤井 勉」氏:『剣』(油彩) | トップページ | 「おおた慶文」氏:水彩(その2) »