« 姫様&吉田町花火大会 | トップページ | 1870年頃(?)のボヘミアングラス »

エアツイストステム・グラス

今週から、小中学校も新しい学期が始まるようです。

夏休み中の「姫様ネタ」も、そろそろ終わりにして、真面目(?)にブログを更新していく『所存』です。(あくまでも「計画」とか「希望」とかいう意味ですよ。。。)

さて、最近GETしたグラスの第二弾は、エアツイストステム・グラスです。

これは、超小生好みですよ~。

Photo_2
お譲りい頂いた方の情報では、1900年頃、英国はヴィクトリア調のグラスとのことです。

特筆すべきは、何といっても、ステムの「エアツイスト」です。

写真では、大きなグラスに感じますが、なんとボウルの径5.4cm、高さ11.7cm、リキュールグラスといった感じです。

(最近のスリムなタバコの箱より、ちょっと背が高いくらいですかね。)

Photo_3
ステムの上部の最も太い部分でも、幅7~8mmくらいでしょうか。

エアステムというと、通常は2本か3本のエアがスパイラル状になっているのですが、このグラスは、いったい何本のエアが内包されているのかも確認できません。

どのように、このエアツイストステムを製作するのか、詳細はわかりませんが、少なくとも、エアーの数が多いほど、そして、綺麗に並んだツイストのステムが細いほど、職人さんに高度な技術が求められるのだと思います。

本当に、素晴らしい技巧にほれてしまいます。

状態も、100年以上前の作品と考えると、ほぼ完璧です。

絵も買わなければならないし、グラスもほっとけないし、まるで、煩悩と戦い続ける修行僧のような生活が、まだまだ続いています。。。

(そんなに高尚なことではないですよね。⇒一人ボケ・つっこみです。=結構、このブログではボケているつもりですが、誰もつっこんでくれません。寂しいです。=これもボケですよ!)

|

« 姫様&吉田町花火大会 | トップページ | 1870年頃(?)のボヘミアングラス »

ガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/59955962

この記事へのトラックバック一覧です: エアツイストステム・グラス:

« 姫様&吉田町花火大会 | トップページ | 1870年頃(?)のボヘミアングラス »