« オルセー美術館展:国立新美術館 | トップページ | ガウディ×井上雄彦:森アーツセンターギャラリー »

ボヘミアン・グラス:サントリー美術館

弾丸美術館ツアー2館目の紹介です。

初館の国立新美術館と3館目の丁度間にあるサントリー美術館(東京ミッドタウン)で開催されていましたので、ガラス好きの小生が行かない訳にはいきません。

正式には「プラハ国立工芸博物館所蔵 輝きの静と動 ボヘミアン・グラス」という企画展です。

Photo

古くは、14世紀のグラスの破片から、現代の作家作品に至るまで、年代を追って、素晴らしい作品が展示されています。

パンフレットに用いられた蓋付ゴブレットは、何と1720年頃の作品だそうです。

エングレーヴィング等の細工は、到底、現代では再現できないと思われる精緻さで、超絶的な技量を持つ職人さんが、気の遠くなるような時間をかけていると思われます。

それに約300年前の作品とは言われなければ分からないほどの状態の良さに感嘆!

他の作品も、どれもが美術館級です。(当たり前です=笑)

小生宅のグラス達は、当然のことながら、これらの作品にはるか遠く及ばないながらも、当時の「職人さん魂」が込められた素晴らしい作品であると、愛おしさを感じるのでありました。。。

(最近GETしたグラス、その2、その3も一息ついたら紹介しますので、是非、ご覧ください!)

|

« オルセー美術館展:国立新美術館 | トップページ | ガウディ×井上雄彦:森アーツセンターギャラリー »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/60140688

この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアン・グラス:サントリー美術館:

« オルセー美術館展:国立新美術館 | トップページ | ガウディ×井上雄彦:森アーツセンターギャラリー »