« ツバメ | トップページ | 姫様&居酒屋 »

モーゼル1971アウスレーゼ

久しぶりのドイツワインです。

もう、ドイツワインだけ山のように買い込んでしまい、死ぬまでに飲みきれそうにないと感じていますので、もう特別に思い入れのあるワインしか、買うのは止めました。

今後は、絵画や美術工芸品に絞り込んでいく所存です。

⇒ 今の季節は、本国から仕入れることができないので、気移りしているだけかもしれません。秋になって、おまけにユーロが安くなれば、心変わりするかも。。。

今回のワインは、ドイツから空輸してくる際に、液漏れを起こしてしまったワインです。

同梱の他のTBAが何もなかったので、熱によるものではなく、振動によるものだと思われます。

通常は、プチプチ等に包んだり、隙間に丸めた新聞紙を挟んだりして、ダンボールの中で動かないようにするのが常識ですが、郵便局の方から手渡された瞬間から「やられた…」と思いました。中で、ゴロゴロとワインが動く音が…。

緩衝材は一切なく、案の定、古くてコルクが痩せてしまっているワインから、漏れてしまったようです。

P1020708

P1020709

「Policher Held 1971 Auslese」 (H Schnitt Sohne)

初めて聞く村名です。中部モーゼルか、ザール、いやルーヴァーか?

畑名は辞書で調べてみると、「Herd=①英雄、勇士、②(小説、劇の)主人公、主役」と、まあ立派なお名前です。

キャップシールをめくって、いざスクリューを刺そうとした瞬間に、コルクはすうっと瓶内に堕ちて行きました。液漏れも納得。

さっそくグラスに注ぐと、素晴らしい熟成香を放って着ました。いける!と、口に含むと、何と素敵なハーモニー。めちゃくちゃ美味しいし、熟成の9合目くらいには留まっております。

まあるい球体とも呼ぶのでしょうか。見事の一言に尽きますが、酸がもうちょっと多かったら、なんて、ずうずうですよね。

甘口ですが、さらりとしているのは、やっぱりモーゼルです。

品種名の記載がないところも気になりますが、ささいなことです。

ドイツから、飛行機でひどい目にあったのに、最期にりっぱな花を咲かせてくれました。感謝です。

P1020701

実際も色はもうちょっと薄め黄金です。


P1020710
瓶内に残ったコルクの状態は悪くないようです。よほど振動が厳しかったかな。

実は液漏れた3本の写真をドイツの発送元に送ると、ほぼ、全額(郵送料除く)返金してもらうことが出来ました。

ラッキーです。

それにしても1971は素晴らしい。

冒頭の「ドイツワイン購入停止宣言」は、撤回か。。。!

|

« ツバメ | トップページ | 姫様&居酒屋 »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/60019573

この記事へのトラックバック一覧です: モーゼル1971アウスレーゼ:

« ツバメ | トップページ | 姫様&居酒屋 »