« いちごジャム× ⇒ ソース○ | トップページ | お家でワイン! 平成26年6月14日(土) »

「藤井 勉」氏 『朝』(油彩)

おおた慶文氏の作品購入から、すっかり「絵画」モードといいますか、「絵画、ギアセカンド?」に突入してしまったようです。

(ドイツワインもアンティークグラスも購入意欲は完全に減退しています。)

特には、リアリズムを追求した写実的な絵画が好みですが、逆に、抽象的な絵画等の「近代アート」と呼ばれる作品(「分類」は難しいですが)には、魅力を感じることが少ないようです。

モチーフは、まずは「女性」ですね。(笑)次は、生物(植物・動物)、静物、風景といったところでしょうか。

基本的には、「おおた慶文」氏の描くような、透明感のある「水彩画」が好きなのですが、除々にではありますが、今まで封印していた「油彩」の世界にも足を踏み入れてしまいました。

その第一歩として「藤井勉(ふじいつとむ)」氏の描いた『朝』が、我が家にやってきました。(製昨年不詳)

3号と極小作品ながら、見事です。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

(画像をクリックしていただくと、より鮮明にご覧いただけます。)

「藤井勉」氏は、1948年、秋田県生まれの作家さんです。

愛娘さん(?)を描いた少女の絵が有名ですが、他には「猫」や「お花」を好んで描かているようです。

今回は独特の作風で一目で「藤井勉」氏とわかる薔薇を選びました。

油絵は油絵で、(本物にしかない)独特の質感があり、ため息が出るほど素敵です。

「油絵」については「美術館」でみるもの、という先入観しかなかったし、まったく不勉強ですが、もしかしたら、「パンドラの箱」をあけてしまったのかもしれません。

あ~、危ない危ない。。。

|

« いちごジャム× ⇒ ソース○ | トップページ | お家でワイン! 平成26年6月14日(土) »

アート・コレクション」カテゴリの記事

コメント

アウスレーゼさん こんにちは!素敵な絵ですね!いよいよこっちの世界に足を踏み入れてしまいましたね(笑)。

投稿: フォンちゃん | 2014年6月14日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/59655284

この記事へのトラックバック一覧です: 「藤井 勉」氏 『朝』(油彩):

« いちごジャム× ⇒ ソース○ | トップページ | お家でワイン! 平成26年6月14日(土) »