« 隣国の姫様、お久しぶりでございます! | トップページ | 2014新年ワイン会 »

シュロス・リーザー1994TBA

皆様、明けましておめでとうございます。

あっというまに、2013年が駆け抜けていってしまい、今日から2014年だそうです。

去年を振り返ると、あ~すればよかった、これをやっておけばよかった、と反省しきりであります。

と、いっても年は明けましたし、今年は今年で精一杯頑張りますので、皆様もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

本日は元旦でありますので、今年の抱負を書きます。

今から4年以上前になるのですが、健康上の理由で、一時期ワインの購入を控えておりました。

快方に向かってからの4年間は、反動からか怒涛のように、特にドイツワインを集めるようになりました。

このドイツワインも奥が深く、わからないことが多いのですが、日本では人気もなく、なかなか情報も入ってこないというのが現状です。

せめて語学の才があればいいのですが、残念ながらまったくだめであります。

ということで、わからないことは先達にお聞きするのが一番という結論に至りました。

そもそもブログを開設した大きな理由の一つは、「情報を得るためには、自らが情報を発信しなければならない」という信念でした。

今年は、積極的にドイツワインについて発信していきますので、先輩の皆様方、よろしくお願いいたします。

ということで、第一段です。

元日なので、トロッケンベーレンアウスレーゼ(TBA)に関するネタからいきますね。(甘いドイツワインのファンにとっては、貴腐葡萄が収穫されること自体が「吉事」です。)

Sany1691

Sany1693
以前、やはり元旦に、フリッツ・ハーグのTBAを紹介しましたが、今回は、フリッツ氏の長男であるトーマス・ハーグ氏が醸したTBAです。(1992年が初ヴィンテージで、1997年に蔵と畑を買い取ったそうです。)

Schoss Lieser Niederberug Helden(ニーダーベルク・ヘルデン=英雄?)Riesling Trockenbeerenauslese 1994

今回、フルボトルとハーフボトルが同時に入手できたのですが、「あれっ?」と思いました。

写真では、わかりづらいのですが、フルボトルの瓶の色はお約束どおり「緑色」ですが、ハーフボトルの方は、ラインガウ等で用いられているような「茶色」なのです。

念のため、A.P.ナンバーを確認しましたが同じでした。

何か理由があるのでしょうか?悩んでいます。。。

先輩方、教えてください!

|

« 隣国の姫様、お久しぶりでございます! | トップページ | 2014新年ワイン会 »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/58863094

この記事へのトラックバック一覧です: シュロス・リーザー1994TBA:

« 隣国の姫様、お久しぶりでございます! | トップページ | 2014新年ワイン会 »