« カイユボット展:平成25日12月13日(金) | トップページ | モネ展:平成25年12月13日(金) »

植田正治展:平成25年12月13日(金)

さあ、3館目は、東京ステーションギャラリーの「生誕100年!植田正治のつくりかた」展です。

絵画ほどではないのですが、写真(撮影という行為ではではなく作品として)にも興味があります。

しかし恥ずかしことに、まったくといっていいほど、知識がありません。

以前から、脳裏に強く焼きついていた写真があり、この一枚の写真家「植田正治(しょうじ)」の企画展があるというので、喜んで行ってきました。

Photo_10
「少女四態(1939)」これが小生の記憶に焼きついている一枚です。


Photo_8
題名・撮影年がわかりません。

Photo_9
「小狐登場(1948」

Photo_11

こちらも題名はわかりませんが、後期にファッション関係(キクチ タケオ等)の仕事を請け負った時の一枚だと思われます。

今回、この企画展での収穫は次の二点です。

① 「写真」というと、ネガさえあれば何枚でも同じ作品がプリントできるというイメージですが、作品の多くは、植田氏自身が印画紙に焼き付けたものであり、作業環境や本人の精神的な状態等で、まったく同じように、複数生み出すのは、困難であるらしいこと。

② こうして生み出された作品「オリジナルプリント」は、決して油絵等の「絵画」に劣るものではないと感じたこと。

これからは、視野を広げ、色々な作家さんの作品に触れるとともに、自分の好みの作家さんを見つけて、作品を購入できたらいいなって思いながら出口に向かいました。

充実度◎です!

|

« カイユボット展:平成25日12月13日(金) | トップページ | モネ展:平成25年12月13日(金) »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/58754546

この記事へのトラックバック一覧です: 植田正治展:平成25年12月13日(金):

« カイユボット展:平成25日12月13日(金) | トップページ | モネ展:平成25年12月13日(金) »