« 隣国・近隣国の姫様お誕生日ワイン会 | トップページ | ブルゴーニュ・アリゴテ »

シャンパーニュ、比べてみると…。

「隣国・近隣国の姫様お誕生日ワイン会」では、当然、シャンパーニュから始まりました。

出席者7名でしたし、暑かったこともあり、2本を空けました。

一本目はこちら。「ル・ブラン・セルヴネイ・ブリュット・セレクシオン(NV)」

P1000559
P1000560
表示はわかりませんが、後に調べたところ「ブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%)」だそうです。(友人Oと小生の予想は当たっていました。)

②本目はこちらです。「デュマンジャン・グランリゼルヴ・ブリュット(NV)」

P1000561_2
P1000562
こちらは、セパージュ不明です。

一本目を一口含んで直ぐに思ったことは「失敗したかな…。」ということです。このシャンパーニュが悪かったのではなく、値段に比して、非常にきめ細かく目が詰まって、泡立ちも細かく、素晴らしかったからです。2本目も同価格帯なのですが「順番間違えたかな」という意味です。このつぶやきを聞いた友人Oから「グランクリュって書いてあるぞ!」と、つっこみが入りました。どうりで。。。

酸味が少し勝ちすぎている感もあったので、ちょっと心に引っかかっていたのですが、翌日、思い当たる節が見つかりました。

購入は8月だったのですが、宅配会社の手違いで普通便で我が家に到着しました。トラックの荷台は、40℃?、50℃?

コンディションが悪かったのかもしれません。

2本目を口に含むと、予感的中!1本目に比して泡の大きいこと。味わいも大味。だまっでだされれば、フランスのスパークリングまたは良質なカヴァと思ったかもしれません。

高級目のワインの場合、価格と味に相関があると思うことが多いのですが、今回の2本は同価格帯ながら、ふた周りくらい1本目が勝っていました。

事前の調査は重要ですね。反省しきりです。

と、言いながらも、「この順番だったから、この違いがわかったんだ!」と、ポジティブに考えている自分がいました。

こういう子は、伸びませんね。。。。。。

非常に勉強になりました!

次回は白です。

|

« 隣国・近隣国の姫様お誕生日ワイン会 | トップページ | ブルゴーニュ・アリゴテ »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/58123745

この記事へのトラックバック一覧です: シャンパーニュ、比べてみると…。:

« 隣国・近隣国の姫様お誕生日ワイン会 | トップページ | ブルゴーニュ・アリゴテ »