« シャンパーニュ、比べてみると…。 | トップページ | パティスリー クロシェット(8回目の登場です!) »

ブルゴーニュ・アリゴテ

さあ、次は「白」です。

P1000542
「ブルゴーニュ・アリゴテ2005 ルイ・ジャド」

「アリゴテ」とは、葡萄の品種名ですが、小生がワインを飲み始めた20年ほど前は、ただ「酸っぱいワイン」というのが印象でした。

しかし、ブーズロンのヴィレーヌ氏のアリゴテや、ジアイエ・ジル氏のアリゴテは、決して侮れないワインだと思っていました。

隣国の姫様のワイン遍歴は極端で、最短ルートでシャンパーニュとブルゴ-ニュ(シャルドネ&ピノ・ノワール)に辿りついてしまったようです。小生としては、できる限り、世界中の多品種ワインも試していただきたいと常々思っておりますので、このワインを選びました。

香りは、明らかにシャルドネとは異なります。酸味も突出して多いという訳でもなく、樽のニュアンスも感じましたので、マロララティック発酵(乳酸発酵)を施しているのかもしれません。

見事な味わいです。並みのブルゴーニュ・ブラン(シャルドネ)を凌ぐと思ってください。

「見事」なのは、ワインだけではなく、作り手である「ルイ・ジャド」です。赤の経験は少ないのですが、白は「シュバリエ・モンラッシェ・レ・ドモワゼル」を頂点に、なんと言いましょうか、一本筋が通っているというか、「醸造のポリシー」みたいなものを感じました。

これから、少し「ジャド」の追っかけをしようかな。

次は、デザート&デザートワインです。

追記:アリゴテと並んで写っているのは、「シャブリ・プルミエ・クリュ」で、シャルドネと比較するつもりだったのですが、完全に「熱劣化」を起こしていました。(白ワインが「にごる」ということは健全ではない証拠です。)残念でした。。。。

P1000526

|

« シャンパーニュ、比べてみると…。 | トップページ | パティスリー クロシェット(8回目の登場です!) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/58124795

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュ・アリゴテ:

« シャンパーニュ、比べてみると…。 | トップページ | パティスリー クロシェット(8回目の登場です!) »