« 「築地 本陣(東京:浅草)」平成25年3月23日(土) | トップページ | 春 »

お誕生日ワイン会:平成25年3月30日(土)その①

更新が遅れております。

誠に申し訳ありません。。。(友人Oがうるさいんです。)

さて、先月30日(土)は友人Yの誕生日。加えて、と言いますかこちらが本題なのですが、お袋の誕生日が4月1日なので合同のお誕生日会を実家で開催しました。

毎度おなじみの隣国の姫様、近隣国の姫様、その同盟国の姫様にもお越しいただきましたので、それはそれは華やかでした。

少しずつですが紹介させていただきます。

当然のことながら、口開けはシャンパーニュです。

Sany3078

Sany3080

普段はスタンダードなNV(ノン・ビンテージ=年号表記なし)シャンパーニュしか飲めませんので、同じメゾンのプレステージものと比較することにしました。

右は 「ポメリー・“フォールタイム”・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ドライ」(シャルドネ100%)です。

Extra Dryですので、Brutより、ややドサージュの糖分が多いのでしょう。多めの残糖を感じますが、食事の邪魔をするほどではありません。これでも十分美味しいです。

左は「ポメリー・“キュヴェ・ルイーズ”1999」(シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%)です。

こうして比較するとよくわかります。後者は、より泡がきめ細かく、ガス圧も高いと思われます。なんと申し上げたらよろしいのでしょうか、凝縮感があり、完全に前者とはステージが異なります。

デゴルジュマン(澱抜)きの時期はわかりませんが、まだまだ若々しくもあり、適度な熟成感もあり、バランスも優れており、本当に美味しくいただきました。

後者はお手ごろな値段で入手できましたので、価格差は2倍強といったところでしたが、迷わず後者をお勧めします。

同価格帯のブルゴーニュ白と比較しても、「お得」と言えると感じました。

ある程度以上のブルゴーニュ白は、熟成して初めてその真価を表すと思っていますが、その飲み頃の見極めも難しいし、加えてサービス時の温度もこれまた難しいのです。

こうしたことを考えれば、中途半端な白を選ぶより、このクラスのシャンパーニュを選ぶのもありかなって、考えを新たにしました。

また、今回のような、同じ作り手の比較をしてみたいなと思います。

次回は、白ワインの様子をお届けします。

|

« 「築地 本陣(東京:浅草)」平成25年3月23日(土) | トップページ | 春 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/57106766

この記事へのトラックバック一覧です: お誕生日ワイン会:平成25年3月30日(土)その①:

« 「築地 本陣(東京:浅草)」平成25年3月23日(土) | トップページ | 春 »