« ゴールデン・ウイーク | トップページ | いちごソース »

お家でワイン! 平成25年4月28日(日)

GWは、基本的に暇です。

ということで、前半の中日、料理づくりを楽しみつつ、自宅でワインを飲みました。

Sany3255
Sany3257
「ヴィーニャ・アルバリ・ロゼ2012」

珍しいスペインのテンプラニーリョ種から作られたロゼを見つけましたので、試してみました。シャンパーニュのロゼ以外にスティルワインのロゼを飲むのは数年に一度です。

色合いからおわかりかと思いますが、かなり濃い目ですので、「赤」と言ってもとおってしまいそうです。香りも味わいも、軽めの赤といった感じです。非常にバランスもよく、確かに美味しいのですが、中途半端な濃さが「何を狙っているんだろう?」疑問に思ってしまいました。

まず、あわせたのは、「蕗のバター炒め」です。

Sany3252
午前中、お袋の友人のKさんの畑で摘んだばかりの蕗をさっと湯がいておきましたので、バターで炒め、ピンクペッパーを散らしてみました。独特の苦味としゃきっとした歯ごたえがワインに負けずに、とても美味しくいただけました。

Sany3241
約7時間前のお姿です。

Sany3259
ロゼにあわせたメインは「鰤カマの塩焼き」です。ちなみに付け合せの椎茸も蕗とおなじくKさんからの頂き物です。レモンをぎゅっと絞っていただくと、まあ、ワインとの相性は「見事」でした。白では負けてしまうし、ロゼで正解だったと思います。

Sany3261_2
赤は「ブルーサ・サンジョベーゼ」です。ヴィンテージ表記のないこのワインは、サンジョベーゼらしさをあまり感じることのできない軽めなやや残念に感じてしまったなワインでした。ロゼとの差があまりなかったのでこう思ってしまったかもしれません。単独で飲めば、普通に楽しめたと思います。

Sany3264
「牛バラ肉の赤ワイン煮込み」です。見事にさしが入った国産牛(固体識別番号がパックに記載されていました!)のバラ肉が安く手に入りましたので、以前から作ってみたかった料理にチャレンジしてみました。

バラ肉を、前日から人参、玉ねぎ、セロリのスライスとともに、赤ワインに漬けておきます。そのバラ肉を取り出し、軽く塩をふってフライパンで焼き目を付け鍋に移し、着け地に用いた赤ワインと野菜と共に弱火でひたすら煮込みます。途中で野菜を取り出し、火を強めにして一気に煮詰めバターを入れて(モンテ)完成です。

口の中でほろほろと崩れ、噛むほどに美味しい、小生からすれば、なかなか上出来といえる一皿となりました。

惜しむらくは、料理に使ったワインをケチったことです。当たり前ですが、ワインのみで煮込みましたので、ワインの味が仕上がりを大きく左右することを実感しました。

肉の種類を変えたり、トマトを加えたりと、今後の変化球が楽しめそうです。

料理が、またちょびっと楽しくなりました。

最後のデザートは改めて掲載させていただきます。

今日はこの辺で失礼します。。。。

|

« ゴールデン・ウイーク | トップページ | いちごソース »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/57282824

この記事へのトラックバック一覧です: お家でワイン! 平成25年4月28日(日):

« ゴールデン・ウイーク | トップページ | いちごソース »