« 明けましておめでとうございます。(ハーク2006TBA) | トップページ | 姫様がいっぱい! »

「とく萬(日本料理)」 平成25年1月12日(土)

土曜日は、法事があり、藤枝市内にある日本料理「とく萬(とくまん)」さんにお邪魔してきました。

① 八寸

Sany2746
海老の塩焼き、黒豆、ニシンの炊いたん、菜の花のクリームチーズソース添えなど、見た目を美しく、味も素晴らしい一皿です。

② お造り

Sany2748
鮪と鯛のお造りです。たぶん、本鮪では?かなり上質です。小生のつたない経験では、和食のお店の料理全体は、このお造りの魚の質に正比例します。従って、こちらのお店は◎です。

③ 酢のもの

Sany2751
白身魚を昆布で巻いたもの、帆立、蛇腹に切ったきゅうりです。このお店の料理には「品」が感じられます。

④ 椀物

Sany2754
鴨、焼いた葱等の吸い物です。いいお店は、やっぱりお出汁も素晴らしい!

⑤ 焼き物

Sany2775_2
甘鯛を白味噌につけて焼いたお料理です。これもGOOD!

⑥ 揚げ物

Sany2778_2
茄子、ししとうの下にあるのは、海老を湯葉で巻いたものです。今回は30人程だったのですが、このお店のよいところは、無理に全員分そろえてからサービスするのではなく、出来立てを随時、供してくれるところです。ですから、この揚げ物も熱々、ぱりっと美味しいです。

⑦ 炊き合わせ

Sany2807
聖護院かぶらでしょうか。これまた上品な一皿です。

⑧ ご飯

Sany2812
ご飯は、程よい硬さの、具のない炊き込みご飯です。シンプルなお味噌汁も手抜きなし!

⑨ デザート

Sany2818
苺と、苺のババロアです。最後まで、上品でした。

小生の実家は、藤枝市の中山間(過疎)地域で、飲食店がある地域まで、車で15~20分ほどかかります。このため、こういった法事での飲食では、「送迎車」があることが、不可欠になってきます

藤枝市内で、30人の宴会ができて、前述の条件を満たしてくれるお店は、どうしても限られてきてしまいます。小生の経験からすれば、少々値段は張りますが、このお店が頭一つ抜け出ていると言って間違いありません。

女将さんも、非常によく気が利きますし、給士の若い女性(未成年ではという子も混じっています)も、全て着物姿で、よく教育されているところが、小生がお気に入りの一つの理由です。

大将、女将さん、その他の皆さん、今回もお世話になりました。

「とく萬」

藤枝市岡出山一丁目15の1(市役所の直ぐそばです。)

電話 054-641-1090 お昼のお膳モノもお勧めです!

|

« 明けましておめでとうございます。(ハーク2006TBA) | トップページ | 姫様がいっぱい! »

美味しいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/56540638

この記事へのトラックバック一覧です: 「とく萬(日本料理)」 平成25年1月12日(土):

« 明けましておめでとうございます。(ハーク2006TBA) | トップページ | 姫様がいっぱい! »