« 姫様×姫様② | トップページ | 『竹内栖鳳』展 »

シュロス・フォルラーツ1971シュペートレーゼ

前回の「姫様×姫様②」に登場したワインの正体は、シュロス・フォルラーツの1971シュペートレーゼでした。(Schloss Vollrads 1971 Spetlese)

Sany2534

色調は、やや淡い黄金色。熟成も峠を超えているようで、後5年程度ではへばってしまうことはないとは思いますが、これ以上良くはならないでしょう。

ドイツワインは、熟成が進むにつれて、甘みがそぎ落とされていく、というようなことをよくききますが、このワインはシュペートレーゼとしては、やや甘さや凝縮感に不満は残りました。

口が贅沢というか生意気になっているのは間違いありません。

41年も経ているのに、この状態を保ち続け、抜栓30分程度ではへこたれない強靭さ。

こんなワインを飲めたことに「感謝」であります!

|

« 姫様×姫様② | トップページ | 『竹内栖鳳』展 »

ドイツワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/56171178

この記事へのトラックバック一覧です: シュロス・フォルラーツ1971シュペートレーゼ:

« 姫様×姫様② | トップページ | 『竹内栖鳳』展 »