« 富山 プチ旅行の終わり | トップページ | シュロス・フォルラーツ1971シュペートレーゼ »

姫様×姫様②

さて、富山から戻った土曜日の夜は、小生が司厨長をおおせつかっております我が姫様のお母様のお誕生会でした。

ちなみに、小生は、昔はこの母君の司厨長をお努めさせていただいておりました。ご幼少の頃はそれはそれはかわいらしく、年を重ねてお綺麗になられたのですが、知らぬ間に魔女に魔法をかけられたのか、はたまた悪魔にのろわれたのか、すっかり豚さんになられてしまわれました。

当日は、母君から、昔からおつくりさせていただいた「アーリオ・オーリオ・ぺペロンチーノ」のリクエストがありましたが、加えて、大好きであられる「お肉」を料理させていただきました。

Sany2524
かわいいうさぎさんの蓋をあけると、

Sany2525
じゃん、牛ヒレのステーキです。適度に脂がのった2.5~3cm程の厚みのある良いお肉が手に入りましたので、塩・胡椒でシンプルに焼き上げました。ひさしぶりに焼いたのですが、割といい具合に火の入ったレアに仕上げることができ、パスタともども母君にもお喜びいただき、光栄の至りであります。

当日は、姫様のおばあさまもお越しになりましたが、盛大にお祝いをと、隣国の姫様にもお越しいただくことができました。2回目のご対面でありますが、すっかり仲良しになられたようで、小生も、楽しそうなお二人に、目を細めるばかりでありました。

Sany2533
何をお話しされているのでしょうか。きっとで外交上の機密事項でしょうね。隣国の姫様は、会談の途中でもワインを手放したりなんかはいたしません。

ワインの正体は改めて。

Sany2538
会談は、成功裏に終えることができたようです。

めでたし、めでたし。

|

« 富山 プチ旅行の終わり | トップページ | シュロス・フォルラーツ1971シュペートレーゼ »

姫様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/56150990

この記事へのトラックバック一覧です: 姫様×姫様②:

« 富山 プチ旅行の終わり | トップページ | シュロス・フォルラーツ1971シュペートレーゼ »