« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

バカラ コンデ シャンパンクープ

あ~、10月もあと残り一週間ほどになってしまいました。

本日夕方は、通勤にも上着が必要なほどに、ぐっと気温が下がりましたね。秋です。

ブログの更新をサボっている理由も思い浮かばず、懸案の貯まり続けているドイツワインをどう分類し、どういうコンセプト、アプローチで、ご紹介したらよいのか迷い続けています。

もうちょっと時間をいただきたいので、本日は「困った時のアンティーク・グラスの紹介」で勘弁してくださいね。

バカラ コンデ シャンパンクープ(Baccrat Condeシリーズ)

Photo

Photo_2

Photo_3


以前、ご紹介した「バカラ エルベフ」とともに、ロシアの最後の皇帝、ニコライⅡ世が発注したとと言われる作品です。

ご覧補のとおり、美しいフォルム、計算されつくしたカッなど、文句の付けようがないほど素晴らしいのですが、特に気に入っているのは、バカラのホールマークがない(1936年以前の作?)というここと、加えてフット裏の若干のすれ以外には、チップ、かじり、曇り等が、ほとんどなく、完品に近い、本当に素晴らしい逸品だということです。

このグラスは、復刻した現代の同一グラスに比べ、明らかに軽いです。

そして、現代ものには見られない、カットの鋭さ。ああ、なんと美しい。。。。。

こうしたグラスを見ると、ワインばかり集めてばかりはいられないと、ますますあせるばかりでありました。

最後に、このグラスは、パリ在住の「erikausagi」様からの出品品で、また、お願いをして、写真をお借りしました。

新ためて、感謝を申し上げます。ありがとうございました。

ちなみに「erikausagi 」様のブログは次のとおりです。とても勉強になるので、是非、ご覧ください。

 http://blogs.yahoo.co.jp/erikausagi

次こそは、なんとか、ドイツワインにとりかかりたいな~。自信ないけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »