« 「築地 本陣」(東京:浅草) | トップページ | 「ボストン美術館展」東京国立博物館 »

生じらす+きびなご+姫様

本日、吉田港にて、「吉田町しらす祭」が開催されました。普段は、日曜日にしらす漁は行われませんし、獲れたての生じらすが直販されることはないのですが、本日は早朝から販売されるからと、我らが姫様のおばあさまからお誘いがありましたので、姫様の吉田町の御実家にお邪魔してきました。

おばあさまとおじいさまが、購入のためにお祭り会場の吉田港に向かってくださったとのことから、小生達は、お昼を目安に御実家に向かいました。早朝から並んだ姫のおばあさまが戻られたのは11時半頃、実に2時間以上も並ばれたそうです。本日は非常に漁が薄く、10隻の船が何度も漁にでてくれたため、何とかGETできたそうです。

丁度、ご飯が炊き上がるのをまって、生しらす丼です。ご飯にたっぷりの生じらすをのせて、ちょっとお醤油をたらしてかき込みます。う~ん、美味しい!生じらすはとにかく足が早いので、朝獲りでも、夕方には食感等かなり鮮度が落ちます。持論では「生じらすはお昼までに喰え!」であります。ですので、ぴんぴんの生じらすは、本当に、本当に美味しかったです!

実はこの漁で体長7cmほどの「きびなご」が獲れたとのことでしたが「雑魚」扱いなので、ただで配布していただいたそうです。これも鮮度抜群なので生にチャレジしたのですが、身も張りすぎ、背骨も硬くちょっと食感が悪いので、いっそ小生が「小女子」のように「釘煮」にしようかと思ったのですが、急遽「かき揚」はどうかとなり、姫のおばあさまが、かき揚にしてくださいました。カラッと上手に揚がったかき揚に塩を振ってがぶっと食いつくと、細い身ながらほっくりして、抜群の美味しさででした。調理の上手さ、また初めてということもあいまって、主役の「生しらす」がかすんでしまうほどでした。大勢で食卓を囲んで美味しいものをいただだくのは、本当に幸せです。

動けないほどいただいた後は、元気一杯の姫+SPと部屋で、その後は、近くの空き地でお相手をしておりました。とてもよい天気の中でとても清清しいです。でも、公園を走り回る7才と5才を相手にするのは、50親父にはしんどいです。(年を感じます…)

家に戻り、清涼飲料水をいただいている姫とSPの写真を兄の携帯で撮りました。

Photo

空き地で遊んでいるとき、花を摘んで何かしていたのですが、なんとブレスレットを作っており、、司厨長の小生に、下賜くださいました。

Photo_2

こんな感じです。姫様はやんちゃで困らせてくれることが多いのですが、かわいらしい女の子らしい一面を見せてくださり、とてもうれしゅう思いました。

さわやかな天候にも恵まれ、美味しい生じらすときびなごもいただき、姫とSPのお相手もできて、とても充実した一日を送ることができました。

姫、今度は小生の実家にも遊びにいらしてきださいね、全力で美味しい料理準備させて頂きます、

本当に楽しい一日を過ごせました!

明日から、仕事がんばるぞ!!!

|

« 「築地 本陣」(東京:浅草) | トップページ | 「ボストン美術館展」東京国立博物館 »

姫様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/54705389

この記事へのトラックバック一覧です: 生じらす+きびなご+姫様:

« 「築地 本陣」(東京:浅草) | トップページ | 「ボストン美術館展」東京国立博物館 »