« 姫様、踊る! | トップページ | 「築地 本陣」(東京:浅草) »

大友克洋 GENGA展

昨日4月20日(金)東京都千代田区の「3331 Art Chiyoda」で開催されている「大友克洋GENGA展」に行ってきました。

Sany1906

Sany1907

大友克洋氏は、デビューして39年になるそうです。宮城県出身の氏が、大震災復興に向けて漫画家として何ができるか、と企画したのが今回の原画展だそうです。(入場料1,500円のうち500円が地元の団体の支援金になります。)

氏と小生の作品との出会いは高校生のころですが、決定的だったのが1979年に「漫画アクション(?自信なし)」に掲載された「Fire-Ball」でした。高校からの帰り道、お決まりの書店でこの作品を読んだ時は、まさに「雷に打たれた」ような衝撃が走りました。書店から30分以上もかけて自転車で帰ったのですが、自宅についても、まだ、興奮がさめなかったことを今でも鮮明に憶えています。

今回の原画展には、その衝撃的シーンの原画をはじめ、「童夢」、「気分はもう戦争」などなど、氏の主要な作品から原画数枚が展示されているのですが、圧巻はやはり代表作である「AIRA」の原画です。ほぼ全てと思われる原稿が展示されています。その画力はもちろん、背景に至る描き込みのすごいこと!連載当時、アシスタントが、あまりの作業にバタバタと倒れていったと聞いたことがありますが、納得しました。

とにかく、どの作品も素晴らしいの一言!既にARTに昇華しています。

展示作品の撮影はもちろんNGですが、撮影が許された部屋がありましたので、写真を撮ってきました。

Sany1908
ほぼ実物大と思われるオブジェです。ファンの方には説明不要ですね。この場面の原画も展示されています。

Sany1911

Sany1912_2
「AKIRA」の主人公と言ってもいい「金田」のバイクです。ナンバープレートがついていましたので、公道を走れそうです。

Sany1913_2

小生的には、日本の漫画界には二人の天才が生まれたと思っています。一人は疑いなく「手塚治虫」氏であり、もう一人が大友氏であります。

ファンの方は、絶対に観てください。一生後悔しますよ。「AKIRA」に興味があるという方も是非ご覧ください。損はしません。

実は、この日が小生の50歳の誕生日だったのですが、素晴らしいプレゼントいただいた感じです。感激!いってよかった!

「大友克洋GENGA展」~5月30日まで。(休館日あり)
http://www.otomo-gengaten.jp/#ticket

完全予約制です。ご注意ください。

|

« 姫様、踊る! | トップページ | 「築地 本陣」(東京:浅草) »

漫画 アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/54524811

この記事へのトラックバック一覧です: 大友克洋 GENGA展:

« 姫様、踊る! | トップページ | 「築地 本陣」(東京:浅草) »