« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

秋のワイン会  平成23年10月29日(土)

 秋本番、美味しい食べ物もいっぱい、ワインにとっても、素敵な季節になりましたね。(暑い季節は、ちょこっと良いワインを楽しむには厳しすぎます。室内温度が高いとグラス内のワインの温度も直ぐに高くなりすぎてしまいます。)

 ということで、長兄、友人O,、友人Yの、いつものメンバーに加え、スペシャルゲストとして、懇意にさせていただいているKさんの計5人でプチ・ワイン会を開催しました。

 料理も色々と準備したのですが、写真係の長兄がサボったため、お見せすることができません。また、構図も背景もお構いなしのカメラマンですので、ご勘弁ください。

① シャンパーニュ(ピエルソン・キュベリエ、グランクリュ”キュべ・プレステージ NV

Dscf2225 販売店のデータによると、ピノ・ノワール85%、残りがシャルドネだそうです。泡立ちは細かくはないものの充分。赤品種主体ということで、力強いだろうと思ったのですが、意外と繊細。揚げたての野菜の天麩羅にあわせましたが、とても相性良く楽しむことができました。温度の上昇、時間の経過につれて、厚みと、複雑さが増して、より美味しくなりました。販売店での売り出し直後でしたので、デゴルジュマンもつい最近だったのでは?もう数年寝かせてあげれば、さらに素晴らしいシャンパーニュに成長してくれるでしょう。

② コルトン・シャルルマーニュ 1996 オリビエ・ルフレーヴ

Dscf2222今回は、お招きしたKさんが大のコルトン・シャルルマーニュ(以下C.C)好きということで当セラーから選んだものです。色はかなり黄色が混じり熟成が進んでいることを感じさせます。香りは小生のサービス・ミスで温度が低すぎたせいもあって、最初はあまり立ち上ってきませんでしたが、段々とナッツのニュアンスなど、シャルドネの熟成したとてもよい香りを感じることができました。味わいも、さすがグラン・クリュといったもので堂々たるワインでした。ただし、このアペラシオンを飲みなれたKさんいわく「かなりドライ」。小生はもう10年近くC.Cははずればかりだったので充分楽しめました。飲み頃はというと、ワインに関しては完全な熟女好きの小生からすると最低でも3年は待ちたいと思ったのですが、皆、意見はバラバラでした。こういうところもワインの楽しさです。

③ コルトン・シャルルマーニュ 2006 ヴァンサン・ジラルダン

Dscf2228小生が②のワインを出すといったらKさんから「このワインで10年の熟成の違いを確かめたい」とのことで、お持ちいただいた一本です。2006は巷では、シャルドネにとって「かなり良い年」という評価です。肝心のワインはというと、まだ「麦わら色」に近く、熟成とはほど遠い感じ。でも、凝縮され、目も細かい見事なワインであることだけは間違いありません。Kさんは「熟成しても②のようにはならない。異なる道を歩くでしょう」とのことばでした。小生はあまりにも勉強不足。最低でも10年、いや15年は待ちたいと思いましたが、その時の姿を思い浮かべることができませんでした。難しい…。

④ ポマール 1961 ロベール・アンポー

Dscf2244Dscf2229もう50年も前のワインです。作り手は、赤よりも白が得意ということもあり、期待はしていなかったのですが、見事に美しく生きていました。複雑さ、奥深さ、という点でもこのアペラシオンからしても”弱い”と言わざるを得ないのですが、美しい色合いといい、「ただただピュアなピノ・ノワール」でした。時間の経過とともに浦島太郎よろしく、一気に年老いて行くかと予想したのですが、15~20分程度では大きく崩れることはありませんでした。ブルゴーニュの赤もボルドーに負けず劣らず、熟成能力が高いことを改めて実感しました。幸せです!

⑤ シャトー・バレスタール・ラ・トネル 1983

Dscf2234まだ若いのは充分承知で当セラーからお出ましいただいたサンテミリオン・グランクリュ・クラッセの一本です。まだ紫に近いパワフルな、それでいて28年の歳月で、調和を少し見せ始めたワインでした。我が家に来て少なくても10年まったく動かさなかったこともあって余計に若かったのだと思います。小生好みに熟成(枯れる?)までは、あと、最低15年はかかるでしょう。このヴィンテージより若く、より秀逸な年の遥か格上のワインが一杯寝ています。小生が生きているうちに飲み頃がくるのかと不安になってしまいました。

⑥ ロースト・ビーフ

Dscf2232すみません。ハイエナに襲われた後に写真を撮ったので、ちょっと美しくありませんね。カメラマンもへたっぴなのでご容赦ください。これはKさんお得意の料理です。見事にさしの入った800gはあろうという塊を焼いていただたものです。調理法はいたってシンプル。肉の塊に塩を擦りこみ、室温に戻しつつ塩を浸透させ、フライパン(オーブンは使わない!)で、極弱火にして何度も何度も位置をずらしながら1時間以上じっくり焼いただけ(こう書くと簡単に思われるかもしれませんが、超高度な技が必要です。)肝心のお肉は、レアに仕上げられ、たっぷりなさしにもかかわらず、まったくしつこくなく、普段牛肉をあまり好まない小生でもペロッといただくことができました。Kさん、ありがとうございました。既にお気づきだと思いますが、「この料理にはブルゴーニュではどうか」と思い、あえてまだ若い⑤のワインをあわせてみたのですが、これが大正解。素敵なマリアージュでした。

⑦ コルトン 1976

メインのつもりで用意したのですが、残念なことに軽い熱劣化がみられました。飲めないほどではなく、それなりに楽しめたのですが、ワインには何の責任もありませんので、写真等詳細は割愛させていただきました。

⑧ 「パティスリー・クロシェット」さんのケーキ

Dscf2237今日も友人Oが持参してくれました。「とにかくゴージャスに!」とお願いしたらしい特注品です。柿や無花果のコンポートなど、フルーツ満載、秋らしいまさにゴージャスなケーキでありました。お味も目に見えるフルーツはもちろん土台までも、とても美味しく、皆であっというまに平らげてしまいました。相当の手間がかけられているはずです。残念ながらまだ一度もお会いできていないシェフ・マダム、本当にありがとうございました。いただいたケーキは全てブログにアップしてありますので、次回、また違ったケーキをお願いします。(笑)相当の食材費と手間がかかっているはずですから、遠慮なく(上乗せして)Oに請求してください。あいつのことなら心配御無用。まかせてください。

実は、当然のことながらケーキと一緒にドイツワインもいただいた(2本)のですが、思い入れが強いので、改めて「カテゴリー:ドイツワイン」に書かせていただきます。

さあ、皆さんも(飲みすぎに注意しつつ)ワインをいっぱい楽しんでくださいね!

人生は一度きり。ぱあっといきましょう!!!

 ※ パティスリー・クロシェット    http://www.clochette.cc/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「セガンティーニ」(画家)

 秋真っ盛りですね。どうしても「食欲」に走ってしまう小生ですが、たまにはと、先週土曜日(10/22)、静岡駅の直ぐ北「葵タワー」内にある静岡市美術館で開催されていた『アルプスの画家 セガンティーニ -光と山ー 展』に行ってきました。

 Photo「ジョヴァンニ・セガンティーニ(1858-1899)」は、イタリア北部で生まれ、やがてスイスに移住し、アルプスの自然やそこに住む人々、生活などを主に描いたことから「アルプスの画家」と呼ばれているようですが、たった41歳で亡くなってしまわれたそうです。

 
「色彩分割技法」を用いた作品が秀逸で、今の名声を築いたようです。色彩分割技法ですが、これは、単純に色を見えたままに描くのではなく、構成する色を”分割”して描くのだそうです。例えば、上の絵をご覧ください。空が青く描かれていますが、近くによって凝視すると青の絵の具のみならず、白、グレー、ブラックなど多様な色が、1cmに満たない細い線で描かれていることがわかります。また、絵の下部に描かれた草原には緑の他、補色である紫なども用いられ、絵に独特の深みを与えています。(これと同様の概念が、スーラの点描だそうです。何となく納得。)

画家の初期から最晩年の作品、直筆の手紙、弟子の作品等、60数点の展示会だったのですが、小生は1890年代初期の色彩分割技法を極めた頃に描かれた5点ほどの作品に深い感動を覚えました。(上記の絵もその一つです。)

この「セガンティーニ」の人気や認知度がどの程度なのかわかりませんが、小生とこの画家との出会いは20年ほど前になります。当時「サライ」という雑誌に倉敷にある「大原美術館」の特集が組まれていたのですが、モネ、セザンヌ、マネ、エル・グレコ等、そうそうたる画家の作品の中で一番心ひかれたのは、初めてみたセガンティーニの「アルプスの真昼」という作品でした。ずっと心にひっかかっていたのですが、確か、平成5年だったと思います。たまたま上司と京都に出張する機会がありました。用件は金曜日に完了したため、倉敷まで足をのばし、この絵を直に観ることができ、とても感動したことを昨日のことのように覚えています。

今回の展覧会で確認できたのは、大原美術館の作品が、小生の考えるの絶頂期の中でも、間違いなく傑作の一つであろう、ということでした。

残念ながら静岡市美術館の作品展は終了してしまいましたが、東京の「東郷青児童美術館」で、11月23日から12月27日までの会期で開催されています。倉敷の大原美術館を含め、興味をお持ちの方は是非ご覧いただきたいと思います。

小生はというと、この展覧会の後、なじみのイタリアンで美味しい料理とワインを楽しませていただきました。なんという幸せな一日だったのでしょうか。

皆さんも、食欲・読書・スポーツ・芸術の秋を楽しんでくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家飲み 平成23年10月15日(金)

 さあ、すっかり秋ですね。小生の毎日の散歩コースは、藤枝駅南周辺なのですが、水田が結構残っており、これらお米の刈り取りが先週くらいからぼちぼちと始まっています。

 朝晩も結構冷え込むようになりましたが、次週に給料日を控えた小生の懐は、既に北風が通りすぎております。

 かといって、ワインを我慢するという選択肢は、あいにく持ち合わせておりませんので、本日も家飲みとなりました。

Sany0907 まずは、いつものとおりお花を…。

① 本日のワイン…1本目

Sany0914Sany0915 このワインは、イタリアのエミリア・ロマーニャ州で生産されたレ・グロッテ(生産者)の「ランブルスコ(Lambrusco)」です。ラベルには、「Rosso Secco Vino Frizzante」とありますので、赤の微発砲ワイン・やや辛口、ということになります。飲んでみると、まず泡に驚かされます。結構ガス圧が高く、普通のスプマンテ並です。味わいは甘みを感じることも無く柔らかい印象です。ガスが抜けても普通にスティルワインとして飲める酒質です。赤のスパークリングに違和感を感じる方も多いと思いますが、後に紹介する料理との組み合わせでとても楽しませてくれました。ちなみに、懇意にさせていただいているKさんからの頂き物です。ありがとうございました!

② カリカリベーコンのサラダ

Sany0912 トップバッターは、水菜とグリーンリーフをシャンパンヴィネガーのドレッシングであえたものに、低温でじっくりカリッと焼いたベーコンをトッピングし、粉チーズをパッと振りかけた簡単サラダです。しゃきっとした野菜とカリッとさせたベーコンの異なる食感が口の中で楽しい一皿でした。チーズがワインとの相性をUPしてくれています。

② 蓮根のはさみ揚げ

Sany0917 今、蓮根が美味しい時期ですね。鶏挽肉に刻んだ葱、生姜を加え、塩で味を整えたものを蓮根ではさみ、水に溶いた片栗粉を衣にして揚げたものです。小麦粉の衣よりカラッと、かつ軽めに揚がります。軽く塩を振っていただきましたが、鶏肉のおかげでワインとも良く合いました。(蓮根だけではワインが重すぎたと思います。)

④ 本日のワイン…2本目

Sany0922 同じイタリアつながりというこつで、「モンテプルツアーノ・ダブルッツオ2009」を頂きました。果実味豊かで気取らない食事に合わせやすい一本でした。

⑤ スパゲッティ・ナポリタン

Sany0924 昔、実家に住んでいた頃、日曜日の昼食で良く作っていた料理です。(これをつまみにワインを飲みながら「何でも鑑定団」を観るのが大好きでした。)イタリアンではなく、日本の洋食ですね。具材は、ベーコン、玉ねぎ、ピーマン、椎茸です。一応、これでも、アルデンテ、ソースのベースとなるトマトソースは自家製(+ケチャップ)と、意地をみせています。(笑)

⑥ 砂肝の揚げだし

Sany0927 昔、とある居酒屋でいただいて感激し、小生の定番になった一品です。火が通りやすいように砂肝に隠し包丁を入れ、塩・胡椒で下味を付けて小麦粉をまとわせカラッと揚げます。時前に用意した出汁+日本酒+醤油+みりんに漬け、たっぷりの大根おろしを乗せれば完成です。噛んだ時の砂肝の独特の食感がたまりません。

⑦ 本日のデザート…ピンクグレープフルーツのグラニテ

Sany0942Sany0934 グレープフルーツを絞った果汁を凍らせただけですがちょっとコツがあります。グレープフルーツはそのまま食べるか、ジュースにする分には問題がありませんが、凍らせるとかなり甘みを感じなくなるので、砂糖を加えます。後は、冷凍庫で凍らせるだけですが、容器周辺が凍り始めたあたりで、フォークを手にまず1回目ガリガリと混ぜます。またしばらくしてガリガリと、計4~5回、空気を含ませるようによく混ぜます。カチンコチンに凍らせてしまうと、もう細かく砕くことは難しく、例えミキサー等で砕いても、ふんわりとは仕上がりません。小生のように時簡に余裕のある人(暇なだけ?)向きの料理です。昔のフレンチでは魚料理と肉料理の間に口直しとしてよく出されていましたが、さっぱりとして美味しいので、お勧めの料理です。

 実は、デザートの後に、また、カクテルを飲んだのですが、かなり気持ちよくなっているせいもあってか、写真が全然だめでした。改めて紹介しますね。

 これから段々と寒さが身にしみるようになりますが、皆様、風邪など健康には充分注意してくださいね。

 寒くなれば、また美味しい料理がいっぱいありますからね。ワインと料理で今日も元気に頑張りましょう!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれ年のワイン その1

 ワイン好きな皆様、御自身の生まれた年のワインに興味はお持ちですか?

 小生がワインの虜になってしまったのは、20代前半だったのですが、当時はこれといって自分の生まれた年のワインに執着することなかったのですが、人生の折り返し地点を過ぎた頃から段々と「特別な感情」をいだくようになりました。

 といっても、既に40年近く経過しており、なかなか納得のいくワインを集めることができませんでした。

 こうした現実のせいか、はたまた年を取るにしたがい心が広くなった(?)せいか、親しい友人達の生まれた年のワインも一緒に楽しめるようにと集めるようになりました。

 一ヶ月ほど前、ヤフーオークションにこうしたワインが出品されていたので、頑張って落札をしました。

Leroy1957Leroy1957_2Leroy1957_3 このワインはブルゴーニュの「ニュイ・サン・ジョルジュ 1級 レ・ポレ 1957 / メゾン・ルロア」です。

 ちなみに、この年は、長兄といつもこのブログに登場する友人Oの生まれた年であります。

 この「1957」という年は、以前「ドイツワイン個人輸入」では、ヨーロッパ全土で惨憺たる年だったようだ、と書きましたが、よくよく調べてみると、フランスではそれほどひどくはなかったようです。

 記述が曖昧で申し訳ありません。ネットでヴィンテージチャートを頼りに書いているのですが、①いかんせん古すぎて掲載しているチャートがごく少ない、②この「ヴィンテージチャート」とは作成者の主観によるもので、チャートごとに評価にかなりのばらつきがある、③過去の自分の経験とかけ離れていることが多々ある、といった事情があることをご理解ください。

 さて、肝心のワインですが、ブルゴーニュ地方、コート・ド・ニュイ地区、ニュイ・サンジョルジュ村の一級畑である「レ・ポレ」畑のワインです。この村はグランクリュこそ無いものの、タンニンが多めで力強いワインを産出する村である、というのが小生の認識です。

 この村には40ほどの一級畑があるのですが、調べても「村の南側、東(南?)向きの斜面」であるらしい、ということくらいしかわかりませんでした。

 おまけに、ラベルには「Les Porets」とあるのですが、日本ソムリエ協会教本等では、「Les Porrets」と綴りが異なっており、両方が別なのか、単なる間違いか(フランス人はこういったことにアバウトのようですから…)、これさえもわかりませんでした。

 まあ、この辺はさておき、なぜオークションで頑張ってしまったかというと、①ボルドーは比較的この年のワインを入手しやすいが、栽培面積が半分以下であるブルゴーニュワインを日本で見つけることが非常に困難であること、②作り手(ネゴシアンですが)が、メゾン・ルロアであったこと、この二つが大きな理由です。

 ②について補足しますと、ルロアは、ブルゴーニュ・ファンにはかなり信頼の厚いネゴシアンです。ここは、20年以上経ってマダム・ビーズ・ルロアが飲み頃と判断したワインを、時々ぽっとリリースすることがあります。

 落札したワインをご覧ください。経過年数に比して、液面が高く、ラベルにもダメージが少ないことから、こうした蔵で十分熟成された後にリリースされたワインであろうと推察しました。

 手元に届いたワインは、外観上、想像していたよりはるかに色濃く、枯れた色が混じるものの、まだ赤みを帯びており、年齢の割には若い、グッド・コンディションなワインであると感じました。たぶん、これから先、同ヴィンテージのブルゴーニュワインを入手するのはかなり難しいと思いますので、満足をしています。(もちろん、空けてみないと天国か地獄かわかりませんが…。)

 長兄や友人Oの区切りのよい年に、彼らが生まれた年に思いを馳せ飲んでみるのも一興かなと、今から楽しみにしております。

 ちなみに、このオークションはかなり厳しい勝負になるだろうと予測し、友人Oには後方支援をお願いしておきましたが、思った以上に熾烈な戦いとなってしまいました。

 最後に、「Oよ、よろしく頼む!」、「兄ちゃん(長兄)、何卒ご理解のほどを!」

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家飲み 平成23年10月1日(土)

 早いものですね、今日から10月。本年度は半分が経過、2011年は残り後3ヶ月になってしまいました。

 今日も楽しい土曜日なのですが、小生の台所事情は、ヨーロッパの某神話の国のように厳しい財政状況が続いております。

 と、いうことで今週も家飲みとなりました。厳しいといいながらも、知らぬ間に一月程で2kgも太ってしまったので、今日のお題は「頂き物と低(?)カロリー」であります。

 まずは、いつものようにお花を。

Sany0899_3
① とりあえずのビールと簡単浅漬け

Sany0903_1_4
 茄子、きゅうり、茗荷を薄くスライスし、千切りにした大葉をボウルに入れ、叩いた梅肉と塩少々を加え、ぎゅぎゅっと揉みこんだだけの料理ですが、トップバッターにふさわしいさっぱりとした一品でした。コツは、野菜は薄くスライスすること、水分が出るのでよく絞ること、絞ると団子状になってしまうのでほぐすようにして器に盛ることです。きゅうり以外は実家でいただきました。

② 本日のワイン

Sany0877_4
 ともにスペインのガルベイ・ワイナリーのテーブルワインです。左の白はアイレンという品種らしいのですが小生は初体験です。イタリアのトレッビアーノののような印象でさっぱりといただくことができました。赤はテンプラニーリョですが、この品種の特性をあまり感じ取ることができず少し残念でしたが、低価格帯のテーブルワインにはよくあることで、味は価格からすれば十分満足できるものでした。(ちょっとエチケットが素敵です。)

③ 茗荷の酢味噌和え

Sany0878_5
 先週の予告どおり、実家の庭に生えていた茗荷を使いました。既に芽が出かかっているのでこれが最後になりそうです。この料理は、母親との合作です。(手伝わされただけですが…。)刻んだ茗荷をさっと茹で、酢、味噌、擦りゴマ、砂糖で和えただけの田舎の料理です。母親の料理の仕方をみてあきれてしまいました。その分量のアバウトなこと!それに途中味見をしたのですが「酢が足りない」と二人の意見が一致しました。この2点で、「やっぱり小生はこの人の遺伝子を継いでいるんだ。」と強く感じ無い訳にはいきませんでした。

④ 秋刀魚の塩焼き

Sany0872_2
 スーパーに行っても、この秋刀魚かか鮭くらいしか秋らしい魚は見当たりませんでしたので、開き直って王道の塩焼きとしました。たっぷりの大根おろしとすだちを添えましたので美味しくないはずがありません。魚の向きが逆のような気がしますが、皮目が網にくっついてしまい表が綺麗に焼けませんでした。ご勘弁を。

⑤ ヘルシーお好み焼き風

Sany0881 粉を使わず、生地は卵のみ、具はニラ、キャベツ、もやしです。こういう料理にテーブルワインをあわせるのが好きなんです。

⑥ 薬膳スープ

Sany0853Sany0886_7
 先週の連休にマレーシアアに旅行に行った上司から、不健康な生活を送っている小生のために薬膳料理の材料をいただきました。こういう系統の料理は初めてだし、クコの実以外、まったくわかりません。とりあえず、水から弱火でコトコトと2時間ほど煎じてみました。思ったような匂いもありませんが、何となく体に良さそう!ただ、お出汁が出ているといった感じではないので、鶏肉、人参、玉ねぎ、椎茸を入れてさらに煮込み、春雨を加え、塩・胡椒で味を整えました。パクチでも飾ればそれっぽくなるかと思い、市内のスーパーを探し回りましたが見つけることができなかったので、セロリの葉で代用しました。とても美味しくいただきました。ありがとうございました。

⑦ 本日のデザート(その1)

Sany0891_3
上司のほか、同僚も連休中にあちこち旅行にでかけたようで、いっぱいお土産をいただきました。特に上段の「塩ちんすこう」が絶品でした。

⑧ 本日のデザート(その2)

Sany0893_2 醸造された葡萄ばかりいただいているので、たまには生の葡萄を、とチョイスしました。品種は「巨峰」です。もちろん、生食の葡萄も大好きですよ(笑)。小生は皮ごと食べちゃいます。

⑨ しめのカクテル

Sany0898_2 秋刀魚に使ったすだちが余りましたので、ジンに絞込み、ソーダを注ぎ簡単なカクテルを作りました。ちょっとドライすぎるので甘みを感じない程度にガムシロップを入れてあります。さっぱりしてお勧めです。

 こんな感じで夜もふけていったのですが、「低カロリー」と謳ったものの、よ~く考えてみると、ワイン1本700~800kcalほどあるはずですので、アルコールだけでも成人女子の一日の必要熱量を摂取しているんですね…。

 明日からダイエットに励みます。きっと、たぶん、何となく、大丈夫だと思います。

 さあ、今週も元気に頑張りましょう!!!(週末飲むために、ねっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »