« 家飲み 平成23年4月9日(土) | トップページ | ドイツワイン個人輸入 その1 »

家飲み 平成23年4月23日(土)

 実は、今週誕生日がやってきまして、また一つ齢を取ってしまいました。50歳に王手がかかってしまったのですが、毎日惑っているし、煩悩の数は増えるばかりで、恥ずかしい限りです。自分で自分の誕生日を祝うというのもどうかなって考えたんですが、大震災であまりにも多くの命が失われてしまった今、小生は現実に生きており、というか「生かさされている」と強く感じないわけにはいきませんでした。誕生日は、こうした事実に素直に感謝すべき日であると考え、今日もありがたくワインをいただくこととしました。(前振りの飲む言い訳が長くてすみません。)

Sany0298  今日も、亡くなられた皆様にお花を捧げさせていただきました。

 さあ、ここからは、あえていつもどおり進めさせていただきます。

① カヴァ(ハウ・メセラ)

Sany0308  いつものカヴァで乾杯です。色々なカヴァを飲んでいますが、毎度書いていますとおり、このカヴァをコスト・パフォーマンスで超えるワインにであったことはありません。せっかくですので、お気に入りにグラスで。

② ふき

Sany0306  できれば、毎回、「季節」を大切に料理したいと心がけております。実家の裏で、勝手にふきが生えているので、いただきてきました。右は母が昔通りの手法で甘辛く煮たものです。左は小生がバター炒めにしたものです。ちなみに彩がさみしいのでピンク・ペッパーを振り掛けてみました。バター炒めにしたものは、ふきのあくというか、苦みもそのまま残っており、春を味わっている実感がして、なかなかいけました。でも、個人的には、子供のころから食べなれた母が煮たふきの方が好きかな…。なんちゃって。

③ 鰯と葉ショウガの天麩羅

Sany0311  鰯が大変お安いですね。痛みが早く扱いにくいこの魚は敬遠されがちですが、小生は大好きであります。本日は、頭を落し、手で開き、身側に梅干しを叩いたものを塗りこみ、大葉を挟んで揚げました。ついでに、最近出始めている葉ショウガも揚げてみました。少々癖のあるこの魚に梅とさわやかな大葉がよくあい、脂っこくなりがちな天麩羅に葉ショウガがよいアクセントになって、まずまずの出来となりました。

④ かに玉

Sany0313  これも小生の愛してやまない料理です。お安い蟹缶が売っていましたので、かに玉にしてみました。ソースは中華スープにお水、お酢、砂糖、ケチャップで味付ております。久しぶりに作ったのですが、まずまずでした。とにかく中華鍋をできる限り熱く熱して素早く空気を含ませるように混ぜながら短時間でしあげるのがコツです。ちょっと半熟でふんわりとやさしいお味の料理となりました。うんうん。

⑤ 本日のパン

Sany0300 今日も「北欧倶楽部」のパンです。体重が増え続けているので、今日は2個で我慢しました。(笑)

⑥ スペイン・赤(マツ・エル・ピカロ2008)

Sany0315  スペインンで最近注目されている「トロ」地区のワインです。やわらかな口当たりでありながら凝縮感もあり、それでいて結構洗練された、これまたコスト・パフォーマンスに優れた、素敵な一本でした。

⑦ ホタルイカのパスタ

 Sany0317  ここのところ、ホタルイカが豊漁だそうで、随分とお安く出回るようになりました。ふきが余っていましたのでこれも利用しました。(太い部分を②で炒め、細い部分をパスタに用いました。)ホタルイカのワタがまたいいんですね!イカやタコは本当にオリーブオイルと相性がいいです。

⑧ 春のロール・キャベツ

Sany0321  春キャベツがたくさん売られています。どう料理をしようかと悩んだのですが、定番のでこの料理を選びました。中のひき肉には、みじん切りした玉ねぎと、飴色になるまで炒めた玉ねぎが入っています。ロール・キャベツの味付けは色々あるのですが、今回はコンソメを選びました。(前述の飴色の玉ねぎを煮汁に加えてあります。)しかし、トマト味も捨てがたいので、良いとこどりをしています。湯剥きしたトマトを煮崩れない程度に温めます。このトマトをソースのようにロールキャベツにつけながらいただきました。ごらんのとおり色や形を美味そうにしあげることはできなかったのですが、お味はばっちりでした。

⑨ ドイツワイン(シューベルト家 マキシミーン・グリューンホイザー・アプツベルグ 1997 アウスレーゼ ハーフボトル)

Sany0329  今日は、誕生祝ということで、小生が愛してやまないワインの中でも、さらに愛おしいワインを頂戴しました。この蔵のワインが大好きなのです。14年の年月を経て、濃いめの黄金色をしております。熟成により甘みと酸味が一体化し、厚みも増して、本当にうっとりするほどの美味しさでした。

⑩ グレープ・フルーツ

Sany0328  ワインの酸味を考慮してデザートは、グレープフルーツを選び、ノーマルとピンクを、お気に入りのアンティーク・グラスに盛ってみました。ちなみに小生は柑橘類が大好きで、特にグレープフルーツはお気に入りです。就職したばかり、そう30年ほど前ですが、給料手取り6万円程度の時代に、1個380円だったのを今も忘れません。(結構執念深い)今は幸せだな~。

⑪ シュークリーム

Sany0325 甘いものが(も?)大好きな小生が果物だけで満足する訳ありません。これもペロッといただいてしまいました。

 さあ、今日はこのくらいでお開きです。2本半も飲んでしまいましたが、これでもちゃんとお皿や鍋もちゃんと洗っているし、グラスもきゅきゅっと磨いているんですよ。

 お約束どおり節約レシピでしたが、今日はどのくらいだったでしょうか。ワインは、ストックからということで別にして、料理の食材費(調味料等抜き)は、約1,300円程でした。

 誕生祝ということで少し気が緩んだかなあって反省。次はもうちょっと頑張りま~す。

 家飲みが続いていますが、ちゃんと外でも飲んでいますし、来週は2件の予約が入っています。家飲みも楽しいのですが、皆さんも、飲食店でも飲むようにしましょうね。今、外食産業さんも大変だと思いますし。第一、準備も片づけもいらないですからね(笑)。

 さあ、今週も頑張って働いて、大いに飲んで食べましょう。日本を元気に!!!

|

« 家飲み 平成23年4月9日(土) | トップページ | ドイツワイン個人輸入 その1 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/51488042

この記事へのトラックバック一覧です: 家飲み 平成23年4月23日(土):

« 家飲み 平成23年4月9日(土) | トップページ | ドイツワイン個人輸入 その1 »