« 大震災 | トップページ | 家飲み 平成23年4月9日(土) »

家飲み 平成23年4月2日(土)

 もう悪夢のような地震・津波から4週間が経とうとしています。被災された皆様には改めまして、心からお見舞い申し上げます。

 小生がブログを始めて、約1年近くなる訳ですが、その時、「楽しいことだけを記録しよう、人の悪口や愚痴など、楽しくないことは書かないようにしよう」と心に決めておりました。

 今回の大震災を受け、しばらく更新をやめようか悩んだのですが、再開させていただくこととしました。

 一つは、今の過剰ともいえる「自粛ムード」に小生はちょっと疑問を持っているからです。

 もちろん、お亡くなりになられた方々や被災され今も厳しい生活環境を強いられていいらっしゃる方々を思えば、人として当然の行為ともいえる訳ですが、今回の被災は、東北地方(北関東を含む)の農業・漁業はもちろん、工業・商業と様々な経済活動に影響を及ぼしているのみならず、例えば自動車の部品生産工場の被災の影響により、自動車の組立ができない等、全国、はたまた全世界にも大きな影響を及ぼしており、既に大きな問題になっています。

 こうした中での長期的な「自粛」は、さらに経済活動に影響を与えることになり、ある方は「経済的な二次災害である」とまで言っておりました。 

 被災しなかった我々は何をすべきか、随分と悩みました。そして、小生的には「被災された方々に対する気持ちを忘れることなく、今までどおりの生活を営む、また、それ以上の消費活動に励む」ことが必要ではないか、結論付けることとしました。

 小生のブログは、「飲んでばかりいる」ので、後ろめたさもあるのですが、次のように考えることとしました。

 「今までどおり飲ませていただくが、毎回、予算を立てており、できる限り経費を抑え、予算との差額を義援金に回させていただく。」

 皆様、色々は立場(社会的立場、職業、家族等)であると思います。小生は特殊な能力・技能を有している訳でもなく、仕事の都合上もあって現地でお手伝いさせていただくことも難しそうであり、結局、今、自分にできることは「義援金」を長期的に提供させていただくことしかなさそうです。

 義援金は、すでに1千億円を超えているようですが、その配分に苦労されているようです。確かに被害の全容があきらかでない状況からすれば、無理からぬことです。しかし、「今集まったお金しかない」と思うと難しいのであり、皆が長期的に(無理のない範囲で)支援ができれば、例えば、今の半分の額をを被災者の方々に一時金としてお渡しする、ということも、判断の一つではないのでしょうか。被災者の方は毎日の生活にも困っている状況であり、その方々に配分されれば、直ぐにそのお金は消費に廻ると思うのですが。

 また、もう一つは個人的なことで恐縮ですが、小生、数年前にやっかいな病気に取りつかれ、今も通院加療中であり、このブログは、普段会えない「友人・知人」に対して、「元気でやっています」という小生からのメッセージでもあるからです。

 こんなことなど、様々なことを考え、今までどおりにブログを再開させていただくこととしました。

 このブログをご覧になって気分を害された方がいらっしゃったら素直にお詫び申し上げます。

 ということで、気分を変えて、さあ、再開です。

① お花

Sany0222  まずは、お亡くなりになられた方々にお花を捧げ、東北地方に向けて手を合わさせていただきました。

② とりあえずビール

Sany0226  まずはこれで軽く一杯。あては、実家の近所の方が漬けたというお漬物です。(ぱらっと胡麻を振り掛けてみました。これで風味が一段とアップします。)

③ 本日のワイン

Sany0232_2Sany0234  モンテマールというチリのワイン、ロゼ(桜の季節ですから)と赤(カベルネ・ソーヴィニヨン)です。最初はロゼから。価格からすればなかなかの健闘ぶりであります。

④ 本日のパン

Sany0228  いつものとおり「北欧倶楽部」のパンです。ちなみに藤枝市内では駅南のBiVi内と志太にあるヴァロー内で販売されていますが、どうもヴァロー内のパンの方がほんの少しだけ美味しいような気がしていますが、検証中であります。

⑤ ブロッコリーの炒め物

Sany0229  さっと茹でたブロッコリーをニンニクで香りを付けたオリーブオイルでさっと炒め軽く塩を振ってあります。あくまでも「固く」仕上げるのがコツ。ちなみにこのブロッコリーは「静岡県産」です。(東北地方の野菜も使いたいのですが、流通していません。「地産地消」も大事です。)

⑥ 鯛の兜煮

Sany0237  丁寧に半分に割られた鯛の頭が売られていました。この半分というのが厄介で、素人には骨の固い鯛の頭を割るというのは至難の業で、身を崩してしまった挙句、出刃包丁の刃までこぼしてしまった苦い経験があります。小生が魚を煮るときは、煮切った日本酒に水を加え、醤油、みりん、砂糖で下地をつくり、強火で短い時間で仕上げるようにしています。強火だとあっというまに下地が煮詰まり、鍋からちょっと目を離そうものならすぐに焦げてしまいます。ちょうど良い味になるように下地の量、味の加減ができるようになれば、お手軽な料理になります。今回はばっちりとうまくできました。

⑦ ペンネ・アラビアータ

Sany0238  ペンネはディチェコです。これもまずまずの出来となりました。

⑦ 回鍋肉風炒め物

Sany0242  実家でキャベツをいただいてきました。どう料理しようか悩んだ挙句、この料理となりました。セオリーどおり豚バラブロックは下茹でしてからスライスしてあります。肉の重量は200g。カロリーは無視であります。(笑)

⑧ ペッパーハムのステーキ

Sany0244  牛よりも豚や鶏を好む小生は、厚切りハムを焼いたものも大好きです。いつものとおりですが、終盤で、かなりアルコールが回ってきているので、盛り付けも写真もアバウトです。お恥ずかしい限りです。

⑨ デザート

Sany0248  お気に入りのアンティークグラスに、ハーゲンダッツの「ストロベリー」と小ぶりなイチゴをのせていただきました。生のイチゴで一段と香りよく、本当に幸せです。ちなみに梅酒ロックを併せました。

 さあ、こんな感じで飲みましたが、ワイン代を含め、どのくらいかかったと思いますか?

 いただきものは時価換算、調味料は抜きで、約2,300~2,400円程度でした。外で飲むことを考えれば安いのですが、お店の料理の食材原価率が3割程度と考えると、ちょっと努力が足りませんでした。次回はもうちょっと工夫してみます。

 もちろん、予算との差額は義援金(※)にわまさせていただきます。

 ※ 義援金(義捐金=読みおなじ=同義語)という呼び方はちょっと好きになりません。もうちょっと軽い呼び名はないでしょうか。

 これをご覧にならえた方の中には「このお金、全部義援金にまわせばいいんんじゃないの」とお思いになられた方もいらっしゃると思います。

 しかし、小生にとっては、「美味しいワイン・料理を楽しむ」、「素敵な骨董品を集める・美術品を楽しむ」というのは、自分自身が生きていくための最大のモチベーションであり、これがなければ、毎日、頑張って働くことができません。罪深いことは十分承知しているつもりです。ご勘弁ください。

 さあ、しばらく、このテーマで「家飲み」を続けるつもりです。できる限りビンボー臭くない(笑)料理に挑戦していきます。

 素敵なレシピ等ありましたら、是非、教えてください。

 お粗末でした。

|

« 大震災 | トップページ | 家飲み 平成23年4月9日(土) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/51330799

この記事へのトラックバック一覧です: 家飲み 平成23年4月2日(土):

« 大震災 | トップページ | 家飲み 平成23年4月9日(土) »