« 手付ガラス菓子皿 | トップページ | 「遊喜智(ゆきち)」 平成23年3月5日(土) »

家飲み 平成23年2月12日(土)

 さあ、三連休です。出不精の小生は一念発起して東京まで行ってきました。ワイングラス専門店「グラス・ヒュッテ銀座」さんで開催されている「樋口主明(きみあけ)・真一 パート・ド・ヴェール展」を拝見するためです。作家さんのこと、「パート・ド・ヴェール」のことは長くなるので別に書かせていただきます。ご主人と長く話し込んでしまい、家に戻ったのが20時を過ぎてしまったのですが、気分がよいので家でゆっくりと飲むこととしました。

① サラ ビベ ブリュット(SARA VIVE BRUT)

Sany0159  まずは、スパークリング。それも小生初体験の「メキシコ産」です。瓶の左肩に金色のシールが貼られているのがわかりますか。「ロバート・パーカー87点」と書かれています。肝心のお味はというと、う~ん、小生はスパークリングには「華」がなければと思っているのですが、どうもそれが感じられません。洗練されていないのですね。各種の要素は悪くないとは思うのですがまとまりがなく、1本飲みきるのにいつもより時間を要しました。でも、880円という値段からすればよい出来だと思います。でも87点というのはね…。大御所Pさんは時々訳のわからない点数をつけますのでご用心を。

② 本日のパン

Sany0155  東京大丸によってきましたので、例のごとく「メゾン・カイザー」にお出ましいただきました。左は言わずと知れたクロワッサン、中央はオリーブとドライトマトを練りこんだもの、右はドライイチジクを練りこんだものです。今回、真ん中のパンが秀逸で、これだけで十分ワインのあてになります。

③ アサリのワイン蒸し

Sany0162  こんなに簡単で白ワインにあう料理があるか、って感じですね、小生の場合は、これはアサリをいただく料理ではなく、ネギを食べる料理です。まずフライパンにバターを投入、ネギをちょっと焦げ目がつくように焼いたら、よく洗ったアサリと多めのワインを投入、すぐに蓋をして、アサリの殻が開いたら、皿に盛り付けパセリをぱらっとしたら完成です。ネギがアサリから出た旨味を吸ってくれてとてもうまいんです。レタスでも美味しくできます。是非お試しあれ。

④ 野菜の蒸しサラダ

Sany0166  蓮根、薩摩芋、人参、南瓜、ブロッコリーを蒸しただけのサラダです。右端のソースは何だと思います?実は味噌にパルメザンを混ぜ、オリーブオイルで少し伸ばしたものなんです。TVで同じ発酵食品で相性がよいと某イタリアンレストランンのイケメンシェフが申しておりましたので、ちょっとチャレンジしてみました。これが意外といけるんですね。味噌の味、匂い等はまったく感じさせません。黙ってだされてもわからないと思います。塩分が濃いのでちょこっとつけるだけで十分です。生野菜のディップとしても利用できそうです。これもお試しあれ。

⑤ ガンディア マルケス・デ・トゥーリガ2009(スペイン・赤)

Sany0167  これも安っすい(笑)テーブル・ワインです。思っていたほどの癖もなく、果実味も割と豊かでお値段分は十分にお仕事をしくれました。

⑥ 本日のパスタ

Sany0168_2  ③でアサリのワイン蒸しを作りましたが、アサリから水分が出ますし、ワインも加えてありますので、美味しい出汁が残ります。パンにつけていただいてもよいのですが、今回はこの出汁を活用して、パスタを作りました。ミニトマトを少し煮込んで、かなり固めに茹でたパスタをフライパンに投入、出汁を吸わせるように混ぜ、お皿に盛りつけ、茹でた絹さやを散らして完成です、シンプルですがまずまずの出来となりました。アルデンテはもちろん、この頃少しずつコツをつかみつつあります。(実際にお作りになられる場合、出汁が煮詰まってくるのでパスタの茹で汁を加えて調節してください。ちなみに本品はアサリとバター、茹で汁の塩分があるので、塩は加えてありません。)

⑦ 鍋?

Sany0171_3  先週「遊喜智」でいただいた鍋の牛蒡がとても美味しかったので、小生バージョンでチャレンジしました。鍋に出汁、日本酒、味醂、醤油(どれも適当)で、すこし甘い下地を作ります。笹掻きした牛蒡は酢水であく抜きして、鍋に投入。程よく煮えたら、鶏肉を加え、火が通る直前に大量の水菜を加え蓋をして少し火を通します。そこに溶いた卵を加え蓋をして蒸らして完成です。牛蒡と水菜がしゃきしゃきして美味しいこと!今回は親子丼よろしく鶏肉を使いましたが何でもよさそうです。日本酒やビールにも会いそうですが、ワインでもまったく問題ありませんでした。

⑧ デザート+ディジェステフ(食後酒)

Sany0173_2 Sany0177  いつも懇意にさせていただいていいるKさんから、今年もヴァレンタインということでチョコレートをいただきました。小生なようなものに、いつもいつもお気遣いいただき、本当にありがとうございます。「Tar Tare」というお店のトリュフチョコなんですが、これがメチャメチャ美味しいです!!!さすがにこれに合うワインは難しいので、ブランデー(カミュVSOP)を合わせたんですが、チョコにも洋酒が使われているらしく、相性は最高に抜群でした!ちなみにグラスは、本当に手に隠れてしまうほどに小さいブランデーグラスですが、フォルムも美しく、薄く仕上げられたお気に入りの一つです。

⑨ デザート+紅茶

Sany0178  仲良くさせていただいているYちゃんからも、バレンタインのお菓子を頂戴しました。気を使わせちゃってごめんね。本当にありがとうございます。涙が出ちゃいますね。右のお菓子は「ブールミッシュ」というお店の「トリュフケーキ」でトリュフ・オ・ショコラを忍ばせたチェコレートケーキです。何か合わせるワインをと探したのですが、実は東京から帰る新幹線の中でビール500ml缶、350ml缶各1本いただいて気持ちよく帰ってきており、この時点で+ワイン2本とかなり効いているので、紅茶で優雅にいただくこととしました。ケーキは「モンド・セレクション最高金賞受賞」の名に恥じぬ、とても美味しいものでした。締めに甘いものがあると本当に満足しますね。

 今日は、昼間東京に行ってた都合上、超簡単料理ばかりになってしまいましたが、家庭の料理はこんな感じですよね。ワインがあれば幸せです。

 料理はへなちょこですが、素敵な女性からいただいたお菓子のおかげで大満足の一夜となりました。次回はもうちょっと料理がんばりますね。

 皆さんのワインライフが素敵なものでありますように!!!

 お粗末でした。

   

|

« 手付ガラス菓子皿 | トップページ | 「遊喜智(ゆきち)」 平成23年3月5日(土) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/50865654

この記事へのトラックバック一覧です: 家飲み 平成23年2月12日(土):

« 手付ガラス菓子皿 | トップページ | 「遊喜智(ゆきち)」 平成23年3月5日(土) »