« お誕生会(イタリアン) 平成23年1月29日(土) | トップページ | 「遊喜智(ゆきち)」  平成23年2月5日(土) »

「L’GAPE(ラガップ)」フレンチレストラン 平成23年1月30日(日)

 前日のイタリアンに引き続き、本日はフレンチレストランにお邪魔することができました。いつもお世話になっている「遊喜智」の小林大将から「スタッフの新年会をお客様を交えて開催するので是非出席してください」と丁寧なメールを頂戴しました。人見知りな小生は、ちょっと躊躇しましたが。せっかくのお誘いだし、始めていく店ということもあり、いざとなれば小林大将と看板娘たちがうまく会を盛り上げてくれるだろうと、遠慮なく出席させていただくこととしました。

 当日は、私たち12人のみの借り切りでした。お店はこじんまりとおり、この人数がちょうどぴったりで、しゃれたお店です。お集まりいただいた常連さんは、それそれ職業も性別もバラバラですが、さすが、遊喜智で楽しむすべをご存知な方達で、みなさんとても素敵な方々です。すぐに打ち解けて、楽しい会が始まりました。

 いただいたお料理を紹介します。

① アミューズ

Sany0128  左上から、チーズ風味のシュー、子牛肉のパテ、玉ねぎのキッシュです。(写真は二人前)特に玉ねぎのキッシュはじっくり炒められた玉ねぎの甘さがじんわりと口中に広がり、とても美味しくいただきました。

② 小川港さばとアンデスレッドの包み焼き

Sany0130  サバを「アンデスレッド」というジャガイモのマッシュで包んで焼き上げた一品です。これもとても美味しくいただきました。

③ 帆立貝のムースとカリフラワーのスープ

Sany0131_2  とてもふんわりとしたムースに、ほんのりカリフラワーを感じさせるスープをかけたやさしい一皿です。一緒にいただいたアルザスのリースリングワインとの相性もばっちりでした。

④ 静岡麦豚のロースト 赤ワインソース

Sany0134_2   みてください!いい色に焼けてますね。とても柔らかく、味わい深い、これまた素晴らしい一品でした。豚をこのくらいぎりぎりに火を通すのはかなり難しいと思います。また、切られた肉の厚さがベスト(7~8㎜位)でした。肉は当然塊の方が美味しく、かといって厚すぎれば食べにくく、この肉の柔らかさにちょうどあった厚さです。見事です。

⑤ ドイツワイン

Sany0137_2  ※ すみません、縦にしなければならないのですが、やり方がわかりません。

 このワインは、ずうずうしくも、小生がデザート用に持ち込ませていただいた一本です。ドイツ ラインガウ ヨハニスベルガー・クラウス1989アウスレーゼ(ヘッセン伯爵家)です。よく熟成はしていたのですが、ラインガウにしては力不足、80年代はみんなこんな感じなのかもしれません。(70年代は素晴らしかった!)

 「もっと濃いアイスワインの熟成したものは、チョコレートケーキとの相性がいいんですよ」などど小生が偉そうに言っていたら、シェフがサプライズを提供してくれました。

⑥ ガトー・ショコラ

Sany0135  ワインはアウスレーゼだったのですが、ラインガウのほのかな苦みと甘さがケーキによく合いました。シェフ、お気遣いありがとうございます。

⑦ デザート

Sany0139  上からクレームキャラメル、白ワインのムース、紅ほっぺのシャーベットです。特にムースが素晴らしかったです!ワインとも好相性です。

⑧ 茶菓子

Sany0140_2  なんと、デザート以外にも、コーヒーや紅茶などの飲み物に合わせて、かわいい茶菓子を供してくれました。上から、マカロン、いちごのグミ、生キャラメル、生チョコレートです。どれも素晴らしかったのですが、特にグミにはまってしまいました。

 以上が、本日の晩餐です。お料理は、ヌーベル・キュイジーヌ系ではなく、どちらかといえばクラシックなフレンチに属すると思いますが、決して重いことなどなく、どれも美味しくいただくことができました。

 10~12人くらいの親しい人を集めれば、貸切にさせていただくことができます。特に女性には喜んでいただけるのではないでしょうか。皆さん、是非、一度足を運んでみてください。ランチもやっているそうです。また、藤枝に素敵なお店を発見してしまいました。うれしいですね。

 今夜、同席いただいた遊喜智の常連さんや小林大将、看板娘達スタッフ、皆、素敵な方達ばかりでしたので、本当にすてきな3時間を過ごすことができました。皆様、ありがとうございました。この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

 小生もできれば早期退職をして、ワインなどを提供するお店を持ちたいという夢を持っているのですが、「遊喜智」の小林大将が本当にうらやましく思いました。素晴らしいスタッフと素敵な常連さんたちに囲まれて仕事ができるなんて。もちろん、眉をひそめたくなるようなお客様もいらっしゃるのでしょうが、小生がお邪魔している限りでは、客筋はいいです。小林大将には、和食を基本として大事にするのはもちろんですが、今夜のような他ジャンルの素晴らしい料理からインスピレーションを感じて、さらに料理を発展していって欲しいと思っています。

なんだか、また偉そうなことをかいてしまいましたね、申し訳ありません。お粗末でした。

「L’GAP(ラガップ)」藤枝市青木三丁目3-28 電話054-637-0290

詳しくはHPをご参照ください。http://lagape.jp/

|

« お誕生会(イタリアン) 平成23年1月29日(土) | トップページ | 「遊喜智(ゆきち)」  平成23年2月5日(土) »

美味しいお店」カテゴリの記事

コメント

先日のユキチ新年会お疲れ様でした。とっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
又ワインのお話!是非是非お聞かせ下さい(^o^)取り急ぎ御礼まで

追伸 機会を作って、藤枝のライオンジェラード(イタリアン・ワイン)のお店に行きませんか?

投稿: chi | 2011年2月 1日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/50744079

この記事へのトラックバック一覧です: 「L’GAPE(ラガップ)」フレンチレストラン 平成23年1月30日(日):

« お誕生会(イタリアン) 平成23年1月29日(土) | トップページ | 「遊喜智(ゆきち)」  平成23年2月5日(土) »