« 「遊喜智(ゆきち)」 平成23年1月8日(土) | トップページ | お誕生会(イタリアン) 平成23年1月29日(土) »

家飲み 平成23年1月15日(土)

 なんだか1月って早いですね。ついこの前がお正月だと思ったら、もう折り返し地点です。年末年始、外で美味しいものをいただく機会が多かったので、今日は久しぶりの家飲みとなりました。

① ハウメセラ・カヴァ・ブリュット・ロゼ(Cava Jaume Serra Brut Rosado)

067  過去にも登場したかもしれませんが、小生が知りうる限りでは最もコスト・パフォーマンスに優れた一本です。シャンパーニュのような細かい泡ではないし、泡の出も持続しません。また、特にこくや凝縮感があると言う訳でもありません。しかし、他のカヴァも相当飲んでいますが、バランスよく、本当にこのお値段でいいの、というワインなので大のお気に入りです。

068 色はこんな感じで、普通のロゼよりは濃い色合い、味も赤のニュアンスが強めです。

 実は、本日(15日)は、小生が憧れている大好きなAさん(もちろん美しい女性です)のお誕生日なので勝手にお祝いしようとこのロゼ選びました。Aさん、お誕生日おめでとうございます!!

② なまり節のサラダ

061_2  「遊喜智」の看板娘からなまり節をいただいてから、マイ・ブームでなんとか料理ができなかと思案したのですが、まったくアイデアが出てきません。加齢により頭が固くなっています。とりあえずと、大根、水菜、キュウリ、トマトをお皿に盛り、スライスしたなまり節を乗せただけのサラダとなりました。添えたドレッシングはなまり節との相性を考え、赤ワインヴィネガーにオリーヴオイル、塩の代わりにお醤油を用いたものです。なまり節の食感との相性を考え、野菜の切り方(厚さ、長さ等)に気を付けました。パサつき気味のなまり節にオイルがよく絡み、簡単ですがまずまずの料理となりました。

③ 大根と厚揚げの炊いたん

070 もう何年前になるでしょうか、ニュースで京都のとあるお寺の行事が放映されていました。何かの記念の日のようですが、檀家さんが大きな鍋で大根と厚揚げを大きな鍋で炊き込み、訪れたお客様にふるまうというものです。その時の大鍋の中でぐつぐついっている大根と厚揚げの美味しそうなこと!それ以来、冬になると時々無性に食べたくなる一品です。食材2種では縁起が悪い(和食では奇数が基本です)ので、あれもこれもと鍋に入れたら5種類となっていました。大根は下茹でをします。出汁、醤油、日本酒、味醂、砂糖で味を調えた鍋に大根、厚揚げ、茹で卵を入れてしばらく煮ます。ここまでは前の晩の作業。なまり節は煮崩れる心配があったので、弱火で20分ほど煮ます。茹でたほうれん草は温める程度です。それにしても見てください。盛り付けのセンスのないこと…。すみません。勉強がたりません。でも、味はばっちりでした。

④ サンドウィッチ

065  いつもはパン屋さんのお世話になるのですが、たまには、と作ったものです。一つは茹で卵、一つはハムとキュウリといういたってシンプルなものです。一応小生なりの工夫はしてあります。前者のパンには、バター+マスタードを塗ったのですが、後者にはさらにマヨネーズを混ぜたものを塗りました。作った後は、濡れ布巾で覆い、しっとりとさせています。これもまずまずの出来でした。

⑤ モンテプルチアーノ・ダブルッツオ2009(Montepulciano D'aburuzzo2009)

073  そうです。今年は卯年、ということでかわいいうさぎさんがプリントされたこのワインを選びました。2009年ということでしたが、十分飲める状態です。濃い色合い、凝縮された味わいといい、このDOCとしてはかなり良い出来だと思います。

⑥ なんちゃてパスタ?料理

071  この前、100円ショップでこの真っ白な「フジッリ」を発見、面白いので買ってみました。裏面をよくみると「原産国:ベトナム、原材料:米」とあります。これってパスタっていうより「フォー」の親戚?ということで、スープパスタにすることとなりました。

076  ベーコン、玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジン、セロリ、ネギをオリーブオイルで軽く炒め、お湯を足してゆっくりとスープを煮ました。(スープだけなら+塩で足りたのですが、今一つパンチが足りないので、コンソメを少し加えました。)これに固めに茹でたフジッリを加えたものです。もっと柔らかい食感かと思いきやなかなか腰もしっかりしており、普通のパスタ料理にも十分使えそうでした。

⑦ 肉団子

079  なんとなく中華っぽくみえますね。豚挽肉に、みじん切りの玉ねぎ、ネギ、生姜、それと水切りした木綿豆腐を肉の20%程度加えてあります。肉だけでは固くなりすぎると考え食感を柔らかくしようと思ったからです。結論からすれば正解でもあり、不正解でもあると感じでした。子供さんやお年寄りが食べるには良いと思うのですが、肉はやっぱりしっかりと噛みしめてこそ美味しさが感じられるものと改めて思い、また料理の難しさを実感しました。

⑧ 梅酒

081  ワイン2本では到底物足りないため、食後種として数年前自分で仕込んだ梅酒をロックでいただきました。甘さを自分で調節してますので美味いです。

 おまけですが、グラスを見てください。これはお気に入りの骨董品で、底にポンテの跡があるし、味が出始めているので、それなりに古いものだと思います。店先で見つけた時は、絶対梅酒にあうと直感し、即購入したものです。

⑨ デザート:生大福

080  小生には、4人の甥がいますが、以外に「なんちゃって甥・姪」みたいなのが3人います。吉田町に住んでいる3人兄弟ですが、末っ子のMがある日お土産に持ってきてくれたのが、この生大福です。(「港月堂」吉田町川尻1568-1電話0548-32-1870)初めて食べた時には本当に感激しました。いつもは手のかかるMですが、この時はかわいく見えました。(子供の頃は本当にかわいかったんですねどね…。もうちょっとやせなさい!)少しお高いのですがこれが本当に美味しいのです。今、冷凍庫から出したばかりで、カチンコチンに固まっています。これを室内に10~20分ほどおいて少し(ほんとうに少しです)柔らかくなったところをいただきます。

082  切るとこんな感じです。是非、皆さんも一度召し上がって見てください。ただし、決して完全に解凍してしまって食べないようにしてくださいね。美味しさは10分の1になってしまいます。

 今日もたくさん食べてしまいました。相変わらず、めちゃめちゃなお料理の構成ですが、いつも書いていますように、ワインに合わない料理はほとんどないと考えてください。ワインは、泡、白、赤、それに辛口、甘口と多種多様です。料理に合わせて選んでいただければ食卓に幸せをもたらせてくれます。

 今年は、もうちょっと料理に気合を入れていきたいと思っています。皆さん、今年もよろしくお願いします。お粗末でした。

|

« 「遊喜智(ゆきち)」 平成23年1月8日(土) | トップページ | お誕生会(イタリアン) 平成23年1月29日(土) »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/50608757

この記事へのトラックバック一覧です: 家飲み 平成23年1月15日(土):

« 「遊喜智(ゆきち)」 平成23年1月8日(土) | トップページ | お誕生会(イタリアン) 平成23年1月29日(土) »