« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

「遊喜智(ゆきち)」 平成22年9月18日(土)

 まだ暑い日が続きますが、朝夕などすっかり秋めいてきましたね。ということで、またまた遊喜智にお邪魔しました。

① とりあえずのビール

918_2  まずは、とりあえずのビールです。お通しは「きゅうりの浅漬け」。しゃきしゃきした丁度良い漬かリ具合でビールが進みました。(2杯目突入です。)

② お造り盛り合わせ

9181  あいかわらず画像が悪く申し訳ありません。運ばれてきたお皿を見て驚きました。本日のサプライズは、今日から解禁になったという伊勢海老でした。お刺身は、こりこり、ねっとりと甘く、本当に美味しい!それ以外は、左からサヨリ、鰹、平鯛です。見た目からも十分満足させていただきました。このお店のコンセプトからは、伊勢海老は通常とても使えない食材なのですが「扱えてうれしいです。」と素直に喜ぶ大将にこちらも本当にうれしく思いました。

③ 松茸の土瓶蒸し

918_3  前回、松茸の天婦羅をいただいた時に「次は土瓶蒸しだな」とつぶやいたのですが、大将はちゃんと覚えていてくれました。本当に薫り高く、お出汁も最高で、本当に「秋らしい」一品でした。常々思っているのですが、日本料理にも数多くの料理があるものの、真骨頂は、「お造り」と「椀物(汁物)」だと思っています。(もちろん、天婦羅や炊き合わせ、お浸し等、どれも素敵ですが。)

④ 秋刀魚の肝焼き

918_4  スーパーなどでは、だいぶ値段の落ち着いてきた秋刀魚ですが、お店で使えるくらいによく肥えたものは、まだまだ昨年よりだいぶ高いそうです。この品は、肝を溶いた漬地に一晩つけて焼いたものです。これも秋らしく、一手間かかったプロの料理らしく、堪能させていただきました。

⑤ 巻海老の天婦羅

9182  お造りを熱燗でいただいてから、既に「シャルドネ」に移っています。以前から書いているとおり、シャルドネと天婦羅(塩)との相性は抜群ですので、今日もお願いしました。4匹の海老(身はもちろん美味しいのですが、頭も香ばしくてたまりません)と、お造りに使用したサヨリの頭と骨もついでに揚げてくれました。こうしたちょっとした心遣いもうれしいですね。

⑥ 豆腐ときのこのスープ

9181_2  これも秋らしく、やさしい味で、美味しくいただきました。

⑦ 漬物盛り合わせ

9182_2  これも定番です。こうした漬物とワインはともに醗酵食品で、以外とあうんですよ。お試しあれ。

⑧ 伊勢海老の味噌汁

918_6  お造りで見事な姿を披露してくれた伊勢海老ですが、頭をそのままにしておくわけはありません。無理言ってお味噌汁にしていただきました。誰が考えてもおわかりのとおり、美味しくないわけはありません。美味しい出汁がでていま~す。

⑨ 焼きおにぎり

9181_3   ここの焼きおにぎりは、大将に確認はしていないのですが、ご飯に焼きほぐした魚の身をいれているのではないかと思います。大葉の香りもさっぱりと絞めもぬかりはありません。

 今日も「秋満載」で、本当に楽しい時間をすごすことができました。ありがとうございました。次回もよろしくお願いします!

 藤枝市駅前1-7-21 ダイユービル1階 電話054-646-9494 基本日曜、第2月曜日定休。週末は込み合いますので是非予約を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家飲み 平成22年9月4日(土)

 もう9月だというのに暑い日が続きますね。皆さん、夏バテなんぞしていませんか。暑い暑いとはいうものの、雲や吹いてくる風はもう夏のそれではありません。それに本日散歩をしていたら、稲刈りをなさってる方がいらっしゃいました。パソコンを開けば酒販店からは、ボージョレー・ヌーボー予約のお知らせがいっぱいです。もうちょっとで本当の秋です。がんばりましょう。

 ということで、本日は去り行く夏を惜しみつつ、ワインや料理を選んでみました。

① ランブルスコ・ビアンコ(Lanbrusuco Bianco)

94  このワインは、イタリア、エミーリア・ロマーニャ州でつくられる「フリッツァンテ」と呼ばれる微発砲の少し甘めのワインです。残糖は20~30g/L程度(ドイツのカビネットに近い)と思われます。普段甘いワインはデザート以外の食事にあわせようとは思いませんが、これだけは例外です。しばらく飲んでいなかったのですが、先週偶然スーパーで販売しているのを発見し、迷わず手にとりました。冷蔵庫で冷やした後、冷凍庫に移し、キンキンに冷やしして、ガバガバと豪快に楽しむ、といった本当に夏らしい愛すべきワインです。少しでも甘いワインが苦手という方も少なからずいらっしゃると思いますが、そうでない方には一度試していただきたいですね。(お値段も懐にとてもやさしいです。)

② 鰺とグレープフルーツのサラダ

94_2  当初は、鰺を〆て、オリーブオイルをかけてシンプルに頂くつもりでしたが、①のワインにあわせて、ちょっと甘めの料理に変更しました。鰺は三枚におろし、塩とレモン果汁で〆ます。レモンとグレープフルーツ果汁に塩・胡椒、オリーブオイルを加えドレッシングを作り、「フリル・アイス」という葉野菜と人参とグレープフルーツ果肉でさっとあえた一品です。ワインととっても良くあい、自分でも満足の一品となりました。

③ 茄子とオクラの揚げびたし

94_3  茄子とオクラを素揚げにして、漬け地(そばつゆのようなもの)に浸し、よく冷やした料理です。これも小生の定番ですが、今年の夏は一度もつくってなかったし、みりんの甘さがワインにもあうだろうとの選択でしたが、予想どうりばっちりでした。

④ 本日のパン

94_4 このパンは、小生が今一番お気に入りのパンです。藤枝駅南のBiVi内にある「パン・タパス」さんの「もちもちマルグリット」というパンです。直径7cm程度の丸いパンが7個くっついているのですが、きめ細やかなもっちりとした食感が特徴でかみ締めるたびに「粉食ってるな~」(小生にとって、パン、パスタやそばに感じるほめ言葉です)と、実感させてくれる美味しいパンでお勧めです。(店員さんにとてもかわいらしいお嬢さんがいるのも足しげくかよう理由です…すみません。)

⑤ 生ハム+果物

94_6  前回書きましたとおり友人Oから預かったハモン・セラーノが塊でありますので、今回もおすそ分けを頂きました。これはOに黙って勝手に食べているのではありません。「天使の分け前」といい、ワインやウイスキー、ブランデー作りでは当たり前にあることです。相変わらず写真が不鮮明で申し訳ありませんが、後ろの果物は、左が赤玉のメロン、右側が「黄金桃」という黄桃です。毎日のように散歩の途中、市場調査と称し数件のスーパーを廻っているのですが、初めて見た桃なので思わず購入しました。普通に売られている白桃より安かったので心配だったのですが、果肉がしっかりとしていて、かつねっとりし、甘さも十分で、並みの白桃より美味しく感じました。生ハムとの相性もばっちりでした。

⑥ 本日のスペインワイン カンボス・デ・リスカ 2008

94_7  非常にスペインらしく、果実味もあり、ボディも比較的しっかりしてなかなかのワインでしたが、いかんせん若い。あと数年はおきたかったですね。白の若いものは結構飲めるのですが、赤は構成要素が複雑な分、まとまるのに時間を要するようです。

⑦ 本日のパスタ

94_8 夏野菜のパスタと食べたいと思い作った一品です。トマトソースを作りパスタとあえ、その上に素揚げしたズッキーニ、茄子、パプリカ(赤・黄)、玉葱、ピーマン、オクラをのせたものです。始めはカポナータにしようと思ったのですが、見栄えを意識し、上に盛ってしまいました。味は悪くはないのですが、失敗です。素直にカポナータにすればよかった…。

⑧ 豚しゃぶ

94_9  「肉を食らうのには塊に限る」と豪語している小生ですが、さすがにこの暑さ、信念を曲げてこの料理をつくりました。奥はポン酢と大根おろしで普通に美味しいです。手前は何だと思います?ピーナッツクリームのソースなんです。始めは練り胡麻を買おうと思ったんですが汎用性が少なく、少しだけ使って冷蔵庫の肥やしになる恐れがあったので、毎朝の食パン用のピーナッツクリームを使いました。これにお酢、醤油、砂糖、ラー油を混ぜたものですが、豚肉にばっちりあい、ちょっとしたヒットとなりました。

⑨ シードル(CIDRE)

94_10  ここからは、デザート(食後酒)です。皆さん、シードルってご存知ですか。フランスはノルマンディ地方等でりんごから作られる発泡酒です。CIDREと綴りますが、アメリカに渡りRとEがひっくり返って「CIDER=サイダー」になったといわれています。これも偶然、本当に久しぶりにスーパーで見つけ、暑いうちに飲んでおこうと購入した品です。「BRUT(辛口)」と「DOUX(甘口)」がありましたが、食後酒ということで甘口を選びました。シードルには独特のコクがあり、これはこれでよ~く冷やすととても美味しいです。本日3本目となるわけですが、①のランブルスコのアルコールは7.5%、このシードルは6%なのでご安心を。

⑩ デザート(その1)

94_11  藤枝市高柳のKOマートで購入した「生クリームドラ焼き・栗入り」です。洋菓子も好きですが、こういった和菓子系も大好きです。

⑪ デザート(その2)

94_12  甘いものが大好きな小生、デザート一つでは物足りません。大好きなアンティークグラスに抹茶のアイスクリームを盛り付けました。う~ん、これもまたうまい!

 本日も、食事、アルコールともたっぷりと頂きました。幸せです。最近、小生のブログを見てくださった二人の女性から同じ質問を受けました。「あの料理、最初に全部作ってるの?」。答えはノーです。下ごしらえできるものはできる限り準備し、あえたり、炒めたり、焼いたり、というのは食べる直前に作っています。基本的に料理はお皿に盛られた時点が最高に美味しく、時間が経つほどに味は落ちてしまうからです。ましてや素人料理。美味しく頂くコツは、出来立てをたべることです。今回の料理では②番の料理がお勧めです。鰺でなくても茹でたイカやタコでも美味しくできそうです。是非、チャレンジしてみてください。皆さんのワインライフが素敵なものでありますように!!

PS:一人分の料理を作るため、どうしても食材があまってしまうのですが、翌日曜日、これ  らを一気に使い、何年かぶりに中華丼を作っていただきました。具沢山でとっても美味しかったです。動植物の生命を頂いているわけですから、食材を決して無駄にしないようにがんばりましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »