« 「遊喜智(ゆきち)」 平成22年7月31日 | トップページ | となりのトトロ(その2) »

オレフォス インターメッツオ

 先週でしょうか、、長い間懸案だったグラスが届きました。

オレフォス インターメッツオ(Orefoss Intermezzo=間奏曲という意味だそうです)

Photo  オレフォスは、スウェーデンに1898年に設立されたメーカーだそうです。このインターメッツオ・シリーズの特徴は、何と言ってもステム(持つ部分です)に、ブルーの雫のようなガラスが入れられていることです。手作りにためかこのブルーグラスの部分が一個一個全然別の表情を見せてくれます。

 このグラス、少なくても15年以上も前から販売されていたと思います。以前静岡市両替町にあった「西武」で販売していたのを憶えています。お値段がそれなりに高かったこと、泡物用にしてはちょっとふっくらしており、ちょっと好みとずれていると判断し購入に至りませんでした。

 しかし、私が以前見たのは、実はシャンパンフルート用だったのか疑問に思うようになりました。上記のグラスがオークションに出品されたからです。(調べたら実は白用のようでした。)

 Photo_2  私が見たのはこのタイプです。購入したグラスはさらに一段とスリムです。このすらっとした見事なフォルムに一目ぼれして落札に至りました。難があるといえば、グラスの底は、シャンパン・フルートに限っては、「引き脚」と呼ばれる製法(ボウルの底が逆円錐形にあり、底が一点に集まっている)のものが好みなのですが、このグラスは例の青いガラスをステムに入れたデザイン上、フラットになっています。まあ、この辺は愛嬌でしょう。まったくの未使用品でお値段は、当時の1/4にも満たない額でしたから落とさない訳にはいきませんよね。

 また新しい仲間が増えたわけですが、実は毎週のようにグラスは届いており、順番に御紹介していきます。お粗末でした。

|

« 「遊喜智(ゆきち)」 平成22年7月31日 | トップページ | となりのトトロ(その2) »

ガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/49072017

この記事へのトラックバック一覧です: オレフォス インターメッツオ:

« 「遊喜智(ゆきち)」 平成22年7月31日 | トップページ | となりのトトロ(その2) »