« 「遊喜智(ゆきち)」 平成22年6月12日(土) | トップページ | バカラ カクテル用グラス »

マティーニ グラス

 先日、オークションで落札したグラスが到着しました。ボヘミアのマティーニ・グラスです。

Photo_2  出品者様の話では、銀座の老舗バーのマティーニの神様と呼ばれる方が、ボヘミアの工場に特注したグラスとのことです。正直申し上げると、現在製作されているボヘミアのカットガラスは小生の好みではありません。写真のボウルに施された細やかなカットがボヘミア独特のデザイントなのですが、これがちょっと…、と思ってしまうのです。技術的には優れていると思うのですが、今まで一度も購入したことがありませんでした。しかし、今回のこのグラスは、本当にマティーニ専用で飲み物が映えるだろうと感じ、落札にいたりました。  Photo_4

カットも鋭く(最近のグラスは安全上の問題からか、カットにキレがありません)、ステムにもフットにも丁寧な仕事が施されています。大きさも程よくとても気に入りました。この大きさというのはとても大事で、ショート・カクテルは3口で飲み干せといわれていますが、外国製のグラスは日本人には大きすぎるものが多いんです。アンティークのシャンパンクープも見た目は最高にショート・カクテル用に向いているのですが、だいたい直径10cm前後で、ちょっと大きすぎてしまいます)それにお値段の話で恐縮ですが、製作された方には申し訳ないほどのものでした。

 小生のささやかな夢は、今の仕事を早めに引退し、ワインとカクテルを飲めるお店を開店することです。今は美術工芸品クラス=観賞用のグラス集めに夢中なのですが、飲み物が映えるグラス=使える比較的安価なグラス=割れても泣かなくてすむグラスも常時探しています。

 ついでに同じ出品者様から、同時に購入したグラスを載せます。

Photo_5  これは、ボヘミア・クベトナ工房というところの作だそうで、ブルーの美しさに引かれて用途も考えずに購入してしまったものです。この工房は、あのロブマイヤーの下請けをしているという噂があるという工房らしいのです。手に持った感じでは、思ったほど薄手はないのですが丁寧に作られたものであることはだけは間違いありません。ここだけの話ですが、なんと開始価格の100円で落札となりました。安く買えるのはうれしいのですが、職人さんの技術や品質が世間に正しく理解されていないようで、ちょっと悲しいです。(これはドイツワインにもいえることなんですが。)

 ガラスは本当に美しいです。まだまだ集めますし、順次、紹介をさせていただきますね。

|

« 「遊喜智(ゆきち)」 平成22年6月12日(土) | トップページ | バカラ カクテル用グラス »

ガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558830/48682913

この記事へのトラックバック一覧です: マティーニ グラス:

« 「遊喜智(ゆきち)」 平成22年6月12日(土) | トップページ | バカラ カクテル用グラス »